読書散歩 #72

読書散歩 第72回
アンパンマン


皆さんのほとんど方が、幼い時
アンパンマンに夢中になられたのではないかと思います。
また、少し大きくなったときには、
「もう子供ではない。アンパンマンなんてもういやだ。」
と思った方も
多いのではないでしょうか。

「アンパンマンのマーチ」の歌詞を覚えておられますか。

 なんのために うまれて
 なにをして いきるのか
 こたえられないなんて そんなのはいやだ

で始まります。私は、孫と楽しむためにオカリナで
「アンパンマンのマーチ」を練習している時に、
「この歌詞、幼児向けの歌詞ではないよなあ。」と
感じました。
そう思われませんか?

アンパンマンの生みの親で
「手の平に太陽を」の作詞者のやなせたかしさんが、
この歌の答えを書かれたのではないか
と思われる本に出会いました。


61qLAlvY1IL_convert_20170427162151.jpg

アンパンマンの遺書
やなせたかし
岩波現代文庫


本屋さんでたまたま見つけて、購入しました。
というのも、「はじめに」に、
 「僕が死ねば、アンパンマンがどういう風にして
  ぼくの中で育っていって
  世の中へ出て行ったのか解らなくなる。」
という一文があったからです。

「起の巻」「承の巻」「転の巻」「結の巻」の4部に分けて書かれています。

やなせたかしさんの周りには、手塚治虫さんをはじめ、
有名な方がおられました。
周りの方々は、
早々にそれぞれ独自のキャラクターで颯爽とデビューされ、
自分だけ取り残された気持ちを切々と書かれています。
しかしその時その時に手がけたことが徐々に形を成して
アンパンマンを生み出したとあります。
奥様への愛情あふれる本です。

読んでいて多くの興味深い文を見つけることができました。
「承の巻」では、
 「非常に不思議なことに、ぼくのくだらない願いは
 たいてい実現する。」
と書かれています。

私は、いろいろな方に教えていただいた印象的な言葉を書き留めたノートに
「心得帳」と名前を付けており、心得帳の中身は増え続けていますが、
そこに「深く思う」という言葉があります。
ある講演会で、
「自分の願いをかなえるには、深く、深く思うことだ」と
聞きました。
深く思えば、その願いがかなうこともあるということです。
自分自身の深い思いが、お会いして話をしている人に伝わり、
さまざまな情報をいただける、そして願いがかなう。
専門学校の学生に先日、深く思ったことで願いがかなった
私自身の経験を交えて「深く思う」話をしました。
そのような経験を
やなせたかしさんは何回も経験されたのだと思います。

その時その時の人生の節目で
やなせたかしさんの思いに触れることができました。
また、亡くなる8か月前に書かれた
巻末の「九十四歳のごあいさつ」には、

 赤ちゃん番組とバカにされているアンパンマンは、
 実は内容的には決して子どもだましではなかったのだ。
 テーマソングは
 「なんのために生まれてなにをして生きるのか」と哲学的である。
 しかしすべてが幼児枠にはめられたために驚くべき現象が起きて、
 ぼくはぎょうてんしてひっくりかえってしまうのである。

とあります。

やなせたかしさんの自身の
「なんのために生まれてなにをして生きるのか」への
答えは明確に書かれてはいませんが、
「やなせたかしさんご自身の生きている」そのことが
その答えのように思いました。
やなせたかしさんの子ども「アンパンマン」への
深い愛情あふれる一冊でもあります。

私がアンパンマンのテーマソングで感じた疑問が
解けたように思います。
読み終えて、さわやかなあたたかい気持ちになった本でした。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR