読書散歩 #71

読書散歩 第71回
インターネット版の新聞記事で
紹介されていた本


各新聞社はインターネット版の新聞を
会員登録すれば読めるようになっています。
過去の新聞記事を検索したり、
過去の新聞紙面を見ることができたりします。
なかでも、インターネット版でないと読めない随筆などが
掲載されていることがあり、なかなか楽しいものです。

私も、購読している新聞社に会員登録して
インターネット版の記事などを読んでいます。
その中で、日曜日の読書欄ではなく
「新着ニュース」の中で紹介されていた本を紹介します。
仕事帰りに本屋さんに寄って購入し、
通勤電車の中で読みました。
乗り越してしまいそうになった2冊です。

この2冊は、岩崎先生にも紹介しています。
これから文章を書くことが多くなる生徒の皆さんにお勧めです。


41Gwqk0VJgL_convert_20170311104758.jpg

書く力 私たちはこうして文章を磨いた
池上彰 竹内正明
朝日新書


私もこのように「読書散歩」を書くときには、
どのように書けばいいのかと
迷ってしまうこともしばしばです。

最初は思うことを字数も、長さも考えずに
ただひたすらに思ったことや感じたことを書き連ねます。
何日かおいて読み返しますと、意味が通じなかったり、
繰り返し同じことを書いていたりします。
その時は思い切ってばさばさ切っていきます。
また、数日してから読み返し、表現なども考えます。

この本はジャーナリストの池上彰さんと
読売新聞の「編集手帳」を書いておられる
竹内正明さんの対談ですが、
本文より先に竹内さんが書かれた「対談を終えて」を読み、
さらにこの本を読んでいくのが楽しみになりました。

読み終えて、グサッと突き刺さったことが多かった本です。
予想通りの本でした。
気になったところに付箋を貼りましたが、
読み終えてみると、付箋だらけでした。
付箋を貼ったところをいくつか紹介しますと、

★少なくとも常に「これは誰に向けて書いている文章なのか」を
自覚しながら書く。


このコラムも、最初は生徒の皆さんや同じ職場の皆さんに
読んでほしいと思った本を紹介するつもりで書き始めました。
しかし、書き進むにつれ、読み手を忘れて自分が楽しんでいました。
この一言で初心に帰ることを痛感しました。

★まずは、「読者を惹きつける書き出し」。
次に、「読者に予想させない展開」。
最後に、「書き出しと結びつけたオチ」。


私たちは、今まで文を書くには「起承転結」と教えられてきました。
第1回で紹介しました「その日本語、通じていますか」でも
結論がわかりにくいと紹介しました。
なかなか、たとえが面白く、なるほどと思ってしまいました。

★「好きな言葉」や「好きな表現」というのは、
本当はあまり「使ってはいけない言葉」だと思います。


文を書くときにあまり考えもせずに安易に済ませてしまう
自分自身を発見しました。

紹介記事の締めくくりの文章は、

 文章は技術の結晶としてあるのだろうが、
 感情をコントロールする、自慢話は控える、練習を欠かさない、
 といった文章心得は、
 そのまま精神修養の徳目にも使えそうだ。
 文は人なり。心したい。

是非読んでください。おすすめの1冊です。



51aitll0ZRL_convert_20170311104729.jpg

文庫解説ワンダーランド
斎藤美奈子
岩波新書


まあ、何と歯に衣を着せぬ言い方でしょう。
文庫本を読むときには、
まず解説から読んでから本文を読み始める私にとって
驚きの1冊でした。

「文庫本の巻末についている『解説』は何のためにあるのだろう。」
という一文から始まる「序にかえて」から、
引きずり込まれた本でした。
「解説」についてよくもこれだけ辛口に書けたものだと感心します。

曽野綾子さんが解説を書いている「小公女」の章には、
「この説教くさい解説の主は、訳者の曽野綾子である。(中略)
『小公女』までダシにするんだもんな。
 困ったもんだな。曽野綾子。」
と書かれています。
この本全体にわたって、
この口調(文調?)で、この辛口で書かれています。

「小公女」をはじめとして夏目漱石の「坊ちゃん」、
マルクスの「資本論」、松本清張の「点と線」などが、
「あの名作に、この解説」「異文化よ、こんにちは」
「なんとなく、知識人」「教えて、現代文学」の4章に分けて、
延々と「解説」を比較しながら話が進ん行きます。

「解説」をただ何となく、本に書かれている概要なり、
読む視点を探るために読んでいた私には、
本当に驚きであり、面白い本です。

「おーおー、ここまで言うか。」とか「そーか、なるほど。」と
感じながら読みました。痛快な1冊です。
本文についてあまり詳しくは書きませんでしたが、
是非読んでください。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR