読書散歩 #68

強烈な印象の残った一冊
Selected by安積秀幸参与先生

ビルケナウの鉄道引込線_convert_20170107111725



冒頭の写真は、ポーランドの南部に位置した
アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所への鉄道引込線です。
ヨーロッパの各地から、
貨物列車に載せれられてきた人々は、この引込線によって収容所へ送られ、
そのほとんどが再び外に出ることはありませんでした。

----------

兵庫県播磨高等学校はポーランドのナザレ校と
姉妹校提携を結んでいます。
そのこともあり、私は相互交流プログラムの一環として
生徒引率でポーランドを訪問する機会をいただきました。

ナザレ校の先生方のご厚意でアウシュヴィッツを訪問し、
強制収容所も日本人ガイドの中谷剛さんに
案内をしていただきました。

「なぜこのようなことが起こったのか、私もわかりません。
若いあなた方には、
なぜこのようなことが起こったのかを考えていただきたい。
答えが見つからないかもしれませんが。
でも、考えてください。」

と、中谷さんが生徒に語りかけられた言葉を
忘れることができません。



アウシュヴィッツ第1収容所入口_convert_20170106201301
アウシュヴィッツ第1収容所の入り口です。


アウシュヴィッツ収容棟_convert_20170106201202
アウシュヴィッツ第1収容所の収容棟。


収容所のベッド_convert_20170106201359
収容所内のベッドです。


アウシュヴィッツのガス室_convert_20170106201100
ガス室。


ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室_convert_20170106201316
これは、ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室です。


展示されているガス缶_convert_20170106201413
ガス室で使われたガス管が展示されていました。


展示されている靴_convert_20170106201427
展示されている靴。収容所内で亡くなっていった人々の数を示しています。


ビルケナウ収容所_convert_20170106201344
アウシュヴィッツ第2収容所とも呼ばれるアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の全景。







51P7DOymJTL_convert_20170106202014.jpg



アウシュヴィッツの図書係
アントニオ・G・イトゥルベ 著 小原京子 訳 (集英社)

強烈な印象の残った本です。

平成28年8月28日の神戸新聞の「本」欄で紹介されていました。
題名にアウシュヴィッツとあったことが
読んでみようと思ったきっかけでもあります。
岩崎東里先生にお願いして
学校の図書館に置いていただきました。

主人公ディタ・クラウスの実話をもとにした小説です。
途中にはナチスのやってきた非道かつ残虐な行為の記述も
たくさん出てきます。
そのたびにアウシュヴィッツで見てきた
様々なシーンが思い出され、
何とも言えない複雑な、やるせない気持ちになりました。

「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクも出てきます。

アウシュヴィッツで学校を開設し、8冊の図書を
監視の目をくぐって活用したディタの前向きな考えと
学校開設者のフレディ・ヒルシュの考えには感動しました。

「ナチスは私たちから何から何まで取り上げたけど、
希望を奪うことはできない。それは私たちのものよ。」

という、ディタの言葉は、何回となくでてきます。
その都度、読んでいる私のほうが勇気をもらっていました。

最後に出てくる「著者あとがき」では、
登場人物のその後のことも書かれています。

アウシュヴィッツを訪問し、見てきたこと、感じたことが
更に現実感を持って迫ってきました。
それと、中谷さんからいただいた言葉が
ずっしりとのしかかってきています。

アウシュヴィッツの売店で本を買ってきました。
あえてポーランド語の本を買いました。
長崎に滞在し、アウシュヴィッツで亡くなったコルベ神父の本です。
学校の図書館には、同じ売店で購入した本も置かれています。

「訳者あとがき」も、小原京子さんの想いの
いっぱい詰まった素晴らしい一文でした。
私たちに、この本を手に取る機会を作っていただいたことに感謝します。

----------

[中谷剛さんのこと]

中谷剛さんは学生時代にポーランド旅行を経験し、
1991年にポーランドに移住したのち、
アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のガイドの職に就かれました。
ガイドの試験を受けた時、
博物館には外国人ガイドがひとりもいませんでした。
現在もアジア人ガイドは中谷さんおひとりだそうです。
通訳・翻訳家としても仕事をなさっています。

----------

アンネ・フランクの父、
オットー・フランクから日本にもたらされた「アンネのバラ」は、
今年も美しい花を校庭に咲かせてくれました。

120515-2_convert_20170106202001.jpg






* 「読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR