FC2ブログ

読書散歩 #85

読書散歩 第85回
自然を改めて見直す

今年も温暖化の影響で大変暑い日が続くと報道されています。
私は、いつも人間は自分自身が自然の中の生物の一つであることを
忘れてしまっているのではないかと思っています。
そういう自分自身も暑さに耐えかねて冷房の中の生活をしており
エネルギーを消費してしまっています。
そのような中で、自然の生物の生活や生物への
あたたかい思いを綴られた本を紹介します。


71KrF0fOdUL_convert_20180801143719.jpg
カラー版 目からウロコの自然観察
唐沢孝一/中公新書

この本は、探す本もなく本屋さんを、
なにげなしにぶらぶらしている時に見つけました。

前回ヒバリの鳴き声の話をしましたが、
この本を手に取ったのは、
帯に「ヒバリはなぜ天高く舞いながらさえずるのだろうか?」と
書かれているのが目についたからです。
その続きには、
「アカメガシワの新芽はどうして赤いのか?」
「百日紅(さるすべり)はその名の通り100日咲き続けるのか?」
「ヒガンバナは本当にお彼岸に咲くのか?」
「秋にたくさんいたスズメたちは冬にはどこに行ってしまうのか?」
と私が「うん?」と思ってしまった疑問が書かれていたのが
買ってしまった理由です。

自宅の近くには多くの自然が残っており、
5月後半から6月にかけてはウグイスとホトトギスの合唱に加えて、
田んぼではカエルが大声をあげています。
1年を通して私が経験しているいろいろな植物や動物の観察結果が
カラーの写真と一緒に書かれています。
通勤途中の電車の中で読み、電車を降りてからは
ヒバリの声、ウグイスの声、ホトトギスの声と
順番に楽しみながら自宅に帰りました。

しかし、著者の観察には驚かされてしまいます。
「アオバトの糞から検出された種子の種類と季節変化」や
10年を超える
「ヒガンバナの開花時期(初認、満開、終認)の年変化」の
グラフには
感心してしまいました。

自宅の庭で冬に美しい氷のリボンの花を咲かせてくれる
シモバシラという名前の植物、
第3回で紹介した「冬芽」の面白い表情も書かれており
楽しく読み終えることができました。

知らない動植物もありますが、
自然に生きる動植物のたくましさを実感できました。
機会があればぜひ読んでみてください。



81vcCIEPUGL_convert_20180801143735.jpg
よもやま花誌(はなし)
松本仁/新評論

この本は、私が大変お世話になっている方から
送って頂いたものです。
以前、著者の松本仁さんと一緒に酒を酌み交わしたことがあります。
その時には、松本さんが
私が以前勤めていた学校を卒業されたこともあり、
植物の話で大変盛り上がってしまいました。

その後、この本を送って頂いた友人と本当に偶然ですが、
松本仁さんの話になり今も交流があることをお聞きしました。
その友人ともその時「世の中広いようで狭いねえ」と
話をしてしまいました。

この本は、松本仁さんがあるミニコミ誌に連載されていた
「仁さんのよもやま花誌」をまとめられたものです。

また、松本仁さんのお兄さんとも大変懇意にさせていただき、
植物についてはいつもたくさんのことを教えていただいています。
ご兄弟とも植物の大家であることを尊敬しております。

サブタイトルに「植物とのふれあい五〇年」と書かれており、
50種類の植物が紹介されています。
この本の目次がまた素晴らしい。
今まで読んだ本の目次はただタイトルと
掲載されているページが書かれているだけですが、
この本の目次は
素晴らしい植物のカラーの絵とともに構成されています。
本文は写真も白黒で残念なところもありますが、
その残念さを越える素晴らしい発想と構成です。

いずれの植物についても、松本仁さんの
その植物の関わりとその植物への
本当に温かい思いが綴られています。
読んでいてほんわかとした温かさを感じます。
実際に訪問された時の写真とともに、
その施設などの連絡先の電話番号なども書かれており、
私達が訪問する時には大変便利な情報として活用できます。

学名の解説や植物の細かなところまでの観察をされており、
私には新しい発見の連続でした。
身近にある植物なら、愛用のカメラを持って写真をとり、
紹介された細かなところを実物と写真で
じっくりとみてみることがしばしばでした。

ハンゲショウは今私の家の狭い庭にも
あざやかな白い葉を付けています。
そのそばには頭をさげた花が咲き始めています。
ハンゲショウの葉の表は鮮やかな白ですが、
裏は白ではなく黄緑色をしていました。
そのこともこの本で教えていただきました。

247_convert_20180801142956.jpg
表は鮮やかな白(ハンゲショウ【半夏生】)


209_convert_20180801142933.jpg
裏は淡い黄緑色です


そのような環境に育たれたご兄弟をうらやましくもあり、
その道に多くの成果をあげられていること、
それにもましていつも気さくにいろいろと教えて頂くことに感謝して
読ませて頂いただきました。

また、この本を送って頂いた友人にも感謝しております。
ありがとうございます。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR