副校長の読書散歩 #55

ポーランドとナチ

Selected by安積秀幸副校長先生


TOP - コピー





前回、戦後70年を記念して
日本で出版された本を紹介しました。

姉妹校であるナザレ校の国、
ポーランドでも第二次世界大戦にかかわる本が出版されていました。
ナチが行った非人道的な行いはいろいろな本で紹介されています。

今回は、ポーランドからナチに拉致され、
ドイツ人家庭で育ち、
再びポーランドの両親のもとへ帰ることができた方の自伝です。

機会があれば、この本についてナザレ校の先生方とも
話をしたいと思っています。









ぼくなちリサイズ

ぼくはナチにさらわれた
アロイズィ・トヴァルデツキ 著(平凡社ライブラリー)

この本を読むきっかけになったのは、
新聞の紹介記事でした。

原題を訳しますと「圧制者の手先の学校」です。

第二次世界大戦中、
ナチは「レーベンスボルン」という秘密組織を作り、
その全権をヒムラー*1に 委任します。
その「レーベンスボルン」によってポーランドから拉致され、
ドイツ人家庭の養子にされた人の自伝です。

訳者の解説にはじまり、指令書、
ドイツ人の友人に宛てた1通目から18通目までの手紙、
資料、訳者あとがきで構成されています。

指令書の項では、ヒムラー等が発した
多くの指令書があげられています。

18通の手紙には、ポーランドから拉致され、
ドイツ人家庭の養子になり、
再びポーランドの両親のもとに帰っていく過程が書かれています。

著者、ドイツでの養父母やポーランドの両親の心の動き、
苦悩が切々と書かれています。

オシフィエンチム(アウシュビッツ)のことが書かれた
12通目の手紙には、長崎に滞在された
マクシミリアン・コルベ神父*2 の話も出てきます。


  なぜ、このようなことが起こったのか。
  なぜ、このようなことができたのか。
  そのことを、皆さん考えてください。
  考えても、答えは出ないかもしれません。
  私も、答えはわかりません。
  しかし、考え続けてください。




ポーランド研修で訪問したアウシュビッツの
日本人ガイドの中谷剛さんの、この言葉を思い出しながら、
本書を読みました。

日本でも、北朝鮮による拉致はまだ解決していません。
早く解決し、ご家族と会えることを願っています。




*1 ハインリヒ・ヒムラー。ドイツの政治家。
 ナチス親衛隊「SS」の隊長を務め、ヒトラーの右腕ともいわれた。

*2 ポーランドのカトリック司祭。アウシュビッツ収容所で
  餓死刑に選ばれた男性の身代わりとなったことから、
  「アウシュビッツの聖者」と呼ばれる。





* 「副校長の読書散歩」とは?

「図書だより 12月号」

※画像をクリックすると、別画面にて表示されます。
  ズームアップしてご覧ください。


2015December_1.png

2015December_2.png

「図書だより 12月号」です。

冬季休業が近づいてきました。

年内は、12月25日(金)まで開館しています。
年末年始にゆっくり楽しむ本を探してみませんか。

副校長の読書散歩 #54

戦後70年

Selected by 安積秀幸副校長先生


54TOP.jpg




今年は戦後70年ということで、
8月1日には終戦の玉音放送*にかかわる情報が公開されました。

先日米山徹先生に、電話で、
「戦後70年という区切りの年は、
戦争を経験された方々からまだ体験談を聞くことができる年です。
80年、90年となると身近な方から聞けなくなってしまいます。
先生は終戦の8月15日はどうされていたのですか。」
とお聞きしました。

先生は、
「疎開先で食糧調達に出かけていて玉音放送は聞いていない。」
と言われていました。
体験談を書いていただくようお願いしました。

戦争を体験した方々の生の声を、今聞いておかねばと思います。


*1945(昭和20)年8月15日正午、日本放送協会から放送された、
 昭和天皇による終戦の詔書の音読。太平洋戦争における日本の降伏を国民に伝えた。










十二月八日と八月十五日

十二月八日と八月十五日
半藤一利 著(文春文庫)

戦後70周年の今年は
第二次世界大戦にかかわる本が数多く出版されています。

この本を読むきっかけは、鳥取のYさんからいただいたことです。
私にとって新しい視点で書かれており、
興味深く通勤途中の電車の中で読みました。

真珠湾を日本軍が攻撃し、太平洋戦争が始まった「 十二月八日」と、
天皇の玉音放送があり日本が無条件降伏をした「八月十五日」の様子を
時間ごとに分けて、どのようなことが起こり、
そのことに日本人がどのように考えていたかを
文人などの著作の中からの文も紹介しながら書かれています。

「十二月八日」では、米英に対する宣戦布告に
日本国中が狂喜乱舞した様子が書かれています。
ただ軍部の上層部の一部には、
勝ち目のない戦争に対し短期決戦でなければならない
という考えがあったことも記されています。

一方、「八月十五日」は、
天皇の 玉音放送前後の混乱が書かれており、興味深く読みました。
戦後生まれの私にとって、父や母から体験談を聞いてはいましたが、
「敗戦」ではなく「終戦」ととらえた当時の人々の感覚が
なんとなくわかるような気がしました。

別の本で、CDに収録された玉音放送を聞きました。
言葉のむずかしさと当時の雑音交じりの放送で、
本当にわかったのかどうかという思いです。
戦争を経験された方々にも当時の話を伺ってみたいと思います。






軍国日本と孫子

軍国日本と『孫子』
湯浅邦弘 著(ちくま新書)


平成27年7月26日の神戸新聞の読書欄に紹介されていました。
その当時、毎日のように新聞やテレビでは
「安全保障関連法案」が報道されていました。

タイトルにある『孫子』は、米山徹先生から
学生時代に資料をいただいたことがあります。
また、この読書散歩の第10回に父の「囲師」にかかわる話を
紹介させていただいたこともあり、以前から興味を持っていました。

著者がこの本を書かれたきっかけは、
『昭和天皇実録』が公開されたこと、
また、『昭和天皇独白録』に、太平洋戦争の敗因の1つとして
「孫子の、敵を知り、己を知らねば、百戦危うからずという
根本原理を体得していなかったこと」が
あげられていたことだったと書かれています。

明治時代、大正時代、戦前と戦中、戦後の昭和時代に
『孫子』がどのように読まれ解釈されたかが詳しく説明されています。
時の軍関係者がどのように『孫子』を利用したかを
興味深く読むことができました。
私は、どちらかというと戦後の「商戦としての『孫子』」
つまりビジネス書として『孫子』を読んでいます。

『孫子』といえば武田信玄の「風林火山」が有名ですが、
あらためて『孫子』を読んでみたいと思っています。





* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR