副校長の読書散歩 #43

「踏絵」に関係する三冊

Selected by 安積秀幸副校長先生


踏絵 2



平成26年10月にポーランド研修旅行で
姉妹校のナザレ校、大統領宮殿、ワルシャワ市内、
クラクフ市内、アウシュビッツ等を訪問しました。

ナザレ校はカトリックの学校で、キリスト教の様々な施設があります。
ナザレ校の校長先生はじめ多くのシスターが集う夕食会に招待され、
その時のスピーチで鎖国時代のマリア観音信仰について
日本史でも取り上げていることを紹介しました。
非常に興味を持っていただけたと感じました。

10年以上も前になりますが神戸に勤務していた時に、
本当に偶然としか言いようのないことですが
真鍮製の「踏絵」と遭遇し、
それが今、私の手元にあります。

表にはキリスト像、
裏には「寛文九年十二月日造之」と
「改邪宗門用」という文字が彫られています。

IMG_0713.jpg  IMG_0710.jpg



東京国立博物館に当時の同じような踏絵が
19枚保管されています。
江戸時代長崎奉行所で使用されていたものです。
以前東京国立博物館に行ってお願いをしてみましたが
見せてもらえませんでした。

踏絵とともに、切支丹禁制の高札*の話も数多くありますが、
兵庫県立出石高等学校には
養父郡浅間村に掲げられた高札が残されています。
豊岡に勤務していましたときに拝見しました。


高札

DSCN2648.jpg

*高札(こうさつ):
 法令や犯罪人の罪状などを一般に告知するため、
 その内容を記して往来や広場に掲げられた板のことです



ナザレ校の先生とも「踏絵」の話をしたこともあり、
関連の本を読んでみました。
キリスト教徒でない私には感覚としてわからないところがありました。











沈黙

沈黙
遠藤周作 著(新潮文庫)


アウシュビッツ訪問の際に案内していただきました
中谷剛さんが推薦された本のうちの一冊がこの『沈黙』でした。

ポーランド研修から帰ってきてからの
ナザレ校の先生とメールのやり取りの中で、
英語に訳された『沈黙』を読まれたと知り、読んでみることにしました。

キリスト教徒である著者が、
鎖国時代のキリスト教弾圧をテーマに書かれた小説です。
日本でキリスト教が弾圧され、
師でもあり尊敬する教父がキリスト教を棄教したという情報で、
ポルトガルから3人の司祭が日本を目指します。

そのうちの一人、ロドリゴの心の動きが見事に書かれています。
隠れての布教、役人からの逃亡、捕縛され棄教を強要され続け、
ロドリゴはその過程で何回もキリストに
「なぜあなたは黙っておられるのですか。」と問い続けます。

長崎奉行の井上筑後守の策略で、
棄教しない日本人キリスト教徒の拷問の様子を耳に入れられ、
既に棄教した師の教父からも棄教を促され、
とうとう踏絵を踏んで棄教してしまいます。

解説で佐伯彰一氏が書かれていますが、
史実に基づいた小説ということです。

アウシュビッツで行われた虐殺と
鎖国時代のキリスト教弾圧時に行われた虐殺と、
当時の権力者の考え方にどこか似通った感じを覚えながら
読み終えました。

機会があればナザレ校の先生とも
このことについて話ができたらと思っています。









青銅の基督

青銅の基督
長与善郎 著(岩波文庫)



この本のタイトルは『青銅の基督』となっていますが、
主人公である鋳物師萩原祐佐が
実際に作成したのは真鍮の踏絵であり、
青銅ではありません。

青銅はブロンズともいい、銅と錫の合金で、
十円硬貨の材料です。
一方真鍮は、黄銅ともいい、銅と亜鉛の合金で、
五円硬貨の材料です。
東京国立博物館に残されている踏絵も真鍮のようです。

主人公の祐佐は真鍮製の踏絵を作った人物として有名です。
その祐佐が思いを寄せる女性はモニカというキリスト教徒ですが、
父親に「キリスト教徒でないなら結婚はできない。」と断られます。

モニカの弟の誘いで降誕祭に行きますが、
役人に踏み込まれて逃げます。
その前に、祐佐は降誕祭に行く途中に役人と出会い、
「降誕祭に行きなさい。そして踏絵を作ってください。」と言われます。
その通りの展開になりますが、
祐佐の周りの人物関係が面白いと思っています。

萩原祐佐の作った真鍮製の踏絵のできが非常によかったので
様々な疑いをかけられ逃げようとしますが捕えられます。
祐佐の心の葛藤が興味深く書かれています。
しかし、踏絵を作ってからの展開が速すぎて
物足りなさを感じます。

この小説は、
「萩原祐佐は最後迄決して切支丹ではなかったのである!
彼は只一介の南蠻鑄物師にすぎなかったのである!」
という言葉で終わっています。
この一文は、作者も蛇足と言っているそうですが、
このことをどう感じ、思うかは
読者に任せればいいのではないでしょうか。









IMG_0725.jpg

踏絵 禁教の歴史
片岡弥吉 著(NHKブックス)


この本を知ったのは既に絶版となった後でした。
図書館で借りて読みましたが、
結局インターネットで調べて取り寄せました。
踏絵に関する研究の集大成というべき本だと思います。

誰が踏絵を考え出したのか、紙の踏絵、
キリスト教徒から没収した金属製鋳造レリーフ聖画像を
板にはめ込んだ板踏絵、
寛文九年(1669年)に鋳造された真鍮踏絵を
長崎奉行が鋳物師萩原祐佐に作らせたこと、
踏絵がいつ廃止されたかなど
踏絵に関する歴史だけでなく、当時の人々の生活に
どのような影響を与えたのということや、
踏絵御免の特例があったことなど、
広範囲にわたって知ることができます。

また、「踏絵と文学」の章では、
先述しました『沈黙』と『青銅の基督』が紹介されています。

長崎奉行所に保管されていた踏絵は当初20枚作られて、
近隣の藩にも貸し出されていました。
当時使用された踏絵19枚は外国人からの購入希望があり、
対応に困った末に、国に移管され、
現在東京国立博物館に保管されています。
足らない1枚は貸出途中に
海に落としてしまったという話もあります。

踏絵について多くのことを学ぶことができました。






* 「副校長の読書散歩」とは?

副校長の読書散歩 #42

自然の美――雪の結晶

Selected by 安積秀幸副校長先生


自然の美TOP




身の回りの自然の美しさに心を奪われることがあります。

今の季節、雪の結晶の美しさに
魅せられた人は多いと思います。
また、雪の結晶の写真集などはたくさん刊行され、
その美しさに感動された方も多いのではないでしょうか。

雪の降る夜などに外に出て
黒いコートに落ちてくる雪をよく観察すると
美しい結晶を見ることができます。
虫眼鏡などで拡大すると、さらに美しさを感じることができます。

以前勤務しておりました兵庫県立豊岡高等学校の校章は
雪の結晶にペンをあしらったものです。
その時に雪の結晶についての本を買っていました。
その本も含めて紹介します。

今年の1月1日には、姫路でも雪が降りました。
私は家族と初詣に安志のお稲荷さんと伊和神社に出かけました。
お稲荷さんでの参拝をすませて伊和神社に向かっている途中に
大雪となり警報も出たため、やむなく参拝をせずに帰ってきました。

大寒を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。
雪の降る日があるかもしれません。
今、この季節限定の雪、その結晶の美しさに触れてみませんか。









ダウンロード


雪華圖説 正+続〔復刻版〕/小林禎作――雪華図説新考
土井大炊頭利位/小林禎作 著(築地書館)


「雪華圖説」の正編と続編は、
第11代古河藩主の土井大炊頭利位(どいおおいのかみとしつら)が
オランダ渡りの顕微鏡を使って雪の結晶を記録したものです。
江戸時代の藩主が調べたと知ったときは驚きでした。

この「雪華圖説」を教えてくださったのは、鳥取のYさんです。
インターネットで検索し、本屋さんに2冊あることを確認しました。
2冊とも取り寄せて、Yさんと1冊ずつ購入しました。

この「雪華圖説」の結晶の図は、
いろいろなものに図案化されて使われているようです。

カメラのなかった時代にていねいに書かれた図には、感心させられます。
昔の人の思いと情熱と根気には感心させられるばかりです。
昔は木版本として出版されていますが、出版の技術にも驚かされます。
著者にもこだわりがあったことと思いますが、
図版などの校正も大変だっただろうと思いながら読みました。

「雪華図説新考」は、小林禎作さんの書かれたものですが、
土井大炊頭利位の話から、雪にまつわる歴史や
土井大炊頭利位の使った顕微鏡の話から
「雪華圖説」の結晶の図が図案化されて
いろいろなところで利用されている話など、
「雪華圖説」にかかわる研究が書かれています。

雪の文化史としても、なかなか興味深い本です。








てんおく


天から送られた手紙 〔写真集 雪の結晶〕
中谷 宇吉郎 著(雪の科学館)



この本は、「中谷宇吉郎 雪の科学館」を訪問した時に買ってきました。
サブタイトルにあるように
雪の結晶の写真が数多く掲載されています。
とても美しい本です。

中谷宇吉郎は第35回で随筆集を紹介しましたが、
北海道大学で雪の結晶を研究されたことで有名です。
ウサギの毛を核にして結晶を人工的に作り、
気温や湿度などによって結晶の形、成長の仕方が違ってくることを
研究されました。

空の高いところで雪ができ始め、
温度や湿度などの環境によって結晶の成長していく過程が違い、
異なった形の雪ができることを、
「雪は天から送られた手紙」と表現した
中谷宇吉郎の詩的感覚にも感心してしまいます。
この本の『天から送られた手紙』というタイトルも
素晴らしいと思いませんか。

「中谷宇吉郎 雪の記念館」では、
雪にまつわるいろいろな実験も体験できます。
その中でも特に、氷の板に強い光を当てて、
「チンダル像」という雪の結晶の形の像が
氷の板の中で成長していくのを初めて見た時の驚きは
今でも忘れることはできません。
驚きの連続の科学館です。








snowflake2.jpg


SNOWFLAKE
文:Kenneth Libbrecht/写真:Patricia Rasmussen
(Voyageur Press)


この本は、すべて英語で書かれています。
今では、山と渓谷社から日本語に訳されたものが出版されていますが、
この本を知った時には英語版だけでした。

現在の姫路市立図書館香寺分館(旧香寺町立図書館)の
館長さんに紹介していただきました。
雪の結晶の写真の美しさに引かれて買ってしまいました。
本屋さんに注文して、一月以上かかって届きました。

英文は適当にフィーリングで読みながら、
写真の美しさにうっとりとしながらページをめくっていきました。
和訳された本を図書館で借りて比較しましたが、
写真の位置が変わっています。
原本のこの本の方が、
雪の結晶の美しさが感じられる配置ではないかと思います。

海外でも同じように雪の美しさに感動された本を読むことは、
大変うれしいことです。


*冒頭の画像を作成するにあたって、下記の方から素材をお借りしました。(参考URL)
 Radek Labancz
 bogenfreund
 Vincent van der Pas
 
by-sa.png




* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR