副校長の読書散歩 #38

みをつくし料理帖シリーズ
Selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_5135



みをつくし料理帖の『八朔の雪』はこのシリーズの第1作であり、
この読書散歩の第15回で紹介しました。

この度平成26年9月2日の神戸新聞で
この「みをつくし料理帖シリーズ」が完結したと知り、
学校の図書室でも全巻揃えていただきました。
ポーランド研修旅行の移動時に読み始めることにしました。

この作品を読んでいて、人のあたたかさや思いやりの心に
涙しそうになる場面が必ず出てきます。
『八朔の雪』を紹介させていただいたのをきっかけに、
このブログでお世話になっています株式会社アピックスの職場でも、
「みをつくし料理帖シリーズ」が全巻揃えられて、
皆さんが読んでおられる話もお聞きしました。
きっと涙あふれる人情の世界を楽しんでおられることと思います。

このシリーズの特長は何と言っても
巻末に題材となった料理のレシピが掲載されていることでしょう。
一度試してみたいと思っています。

今回は完結した全10巻、既に紹介しました『八朔の雪』以外の
9冊のうちの5冊を紹介します。







花散らしの雨

花散らしの雨――みをつくし料理帖
高田 郁 著(角川春樹事務所 時代小説文庫)


ポーランド研修旅行中の移動時に読むため、
次の『想い雲』と2冊を図書室から借りて
ポーランドまで持っていきました。

ナザレ校での交流初めのオープニングセレモニーでは
ポーランド語であいさつをすると決めていましたので、
セレモニーが終わるまでは原稿を読み、
覚えることに必死になっていましたので
読み始めることができませんでした。

この本を読み始めたのは、
ワルシャワからクラクフへ移動する列車の中でした。
本を読みながら泣いたり笑ったりの表情をしている私を
同行の方は変に思われたのではないでしょうか。





想い雲

想い雲


途中までポーランド研修旅行中の帰りの飛行機の中で読んでいました。
最後の「初雁――こんがり焼き柿」で
渋柿をおいしく食べる方法の一つに、
柿を皮付きのままくし形に切って炭火で焼く方法が書かれています。

帰国してから、親友の上山和夫先生と話をした時、
たくさんの渋柿をいただきました。
ためしにやってみました。

本には8つ切りとありましたが4つ切りにして、
炭火はありませんでしたので
オーブンレンジにアルミホイルを置き、その上に柿を並べ約20分。
表面から柿の汁がふつふつと出始めたらできあがり。
熱いうちでないとだめと書かれていましたので
ふうふうと息を吹きかけながら食べました。
後口に渋みが残りますが、甘くおいしくいただきました。
一度試してみてください。





今朝の春

今朝の春

火事で焼き出され話せなくなった子どもを思う夫婦の話など、
心に残る話が続きます。

この本で興味深い言葉を教えていただきました。
「友待つ雪」です。
雪が降って、融け残った雪のことだそうです。
次の雪が降るのを待つ。友を待つ雪。
「白色の色わきがたき梅が枝に友待つ雪ぞ消え残りたる」
という古歌からの言葉と書かれています。
「友待つ雪」にもいろいろとありますが、粋な言い方ですよね。





小夜しぐれ

小夜しぐれ

「夢宵桜――菜の花尽くし」では、
徳川家康が詠んだといわれている短歌
「咲く花を 散らさじと思う御吉野の 心あるべき春の山風」
が出てきます。
お家騒動にならないように出家せざるを得なかった
ご落胤*の起こした騒動が、この短歌で静まります。

この展開、一体どうなるのかとはらはらしながら読み進みましたが、
ストンと落ちてしまいました。この運び粋ですよねえ。
このシリーズは涙をほろりとさせる人情話でありながら、
必ず粋な場面が出てきます。

*ご落胤:正妻ではない女性が、身分の高い男性との間に産んだ子どもを指します。




心星ひとつ

心星ひとつ

この本のタイトルになっている「心星ひとつ」の話より、
「天つ瑞風」が印象に残っています。
大坂に住んでいたころ被害にあった水害で、
淡路屋のこいさん*だった幼馴染は店も家族もすべてなくし、
江戸で花魁になっています。
その幼馴染と、周りの人々の温かい気持ちで
束の間のひと時を過ごします。

水害以来自分の頭の上にはずっと
厚い雲が垂れ込めたままと感じている。
けれど、

「どないに辛いことがあったかて、生きて生きて生き抜く、と決めた。
亡うなった家族のためにも、自分の人生を諦めへんと決めたんや。
そういう生き方を貫いたなら、きっと厚い雲も突き抜けられるやろ。
私はそう信じてる。・・・・・」

という言葉が忘れられません。

今回から、巻末に「みをつくし瓦版」という新しい企画が始まりました。
楽しみがひとつ増えました。

*こいさん:関西地方の方言で、末のお嬢さんを呼ぶ言葉です。




* 「副校長の読書散歩」とは?

副校長の読書散歩 #37

「NPO法人 本と温泉」企画の小説

Selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_1113



「NPO法人 本と温泉」が志賀直哉の「城の崎にて」を
豆本で出版されたことは、第24回で紹介しました。

その時に万城目学さんが城崎にちなんだ
新しい小説に取り組んでおられることも紹介しました。

平成26年9月12日の神戸新聞に
万城目学さんの小説発表会の記事が出ていました。
豊岡市が「渋谷ヒカリエ」で9月15日から17日にかけて
「豊岡エキシビション」を開催、その最終日に出版の発表会をし、
その発表会のあとに本を販売すると書かれていました。

その小説の題名が「城崎裁判」です。
大変面白い本です。是非一度読んでみてください。







002 - コピー


城崎裁判
万城目 学 著(NPO法人 本と温泉)


新聞記事を読んで、早速欲しいと思い、
豊岡市NPO法人に問い合わせをしましたところ、
「城崎まで買いに来てください。郵送はしません。」
とのつれない返事。

しかたなく兵庫県立豊岡高等学校で
一緒に勤務しました先生にお願いをしました。
快く引き受けていただき、しばらくして
「買ってきました。
とてもおもしろい本だったので私の分と2冊買ってきました。」
と連絡がありました。
楽しみにして待っていました。

届いた封筒を開封して驚きました。
表紙というか、カバーというかタオル地の布製でした。
本自体も耐水性のある紙のようで
風呂の中でも読めるように作ってあります。
よくこんな発想を思いつかれたものと感心しました。

小説『城崎裁判』も大変面白く、最後に「おち」がついていました。
志賀直哉の『城の崎にて』の話から始まり、
『城の崎にて』の主人公がイモリに石を投げつけ
イモリが死んでしまったこと、
『城崎裁判』の主人公が同じように石を投げたことから、
イモリの裁判を受けることになります。
湯につかる度にイモリから
様々な尋問に似た質問を受け続けます。
最後に主人公は、判決で大変なものを
イモリに支払わなければならなくなります。

「さすがに万城目学さん」とうなってしまいました。
どうなるのかとわくわくしながら
最後まで一気に読んでしまいました。
読み終えた本は、鳥取のYさんにお送りしました。

「城の崎にて」と同様、あまり長い話ではありませんので、
是非城崎まで足を運び、湯につかりながら読んでください。





* 「副校長の読書散歩」とは?

副校長の読書散歩 #36

焼物の師匠から紹介された2冊

Selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_2014


第16回で『越前 古窯の人 -水野九右衛門-』を紹介しました。
その時に私の趣味の一つが茶道で、その関係から兵庫県の焼物について
いろいろと教えていただいている師匠のことをお話しました。
師匠はいつも、
「焼物を知るには、その背景となる文化をきちんと理解することが必要だ。」
とおっしゃいます。
文化を知ることは、国際化が進む中で自分の考えをはっきりと表現し、
伝えるためにも大切なことです。
本校が目指す「国際教養人」となるためにも、
私たち自身の国や住んでいる地域の文化、
今日まで日本で培われてきた教養などを学ばねばなりません。
少し難しい本も紹介しますが、是非読んでいただきたいと思います。







利休にたずねよ


利休にたずねよ
山本兼一 著(PHP文芸文庫)


この本は映画化され、表千家の若宗匠と市川海老蔵の対談が
平成25年11月15日の読売新聞に掲載されました。

この本を読むことになったのは、
焼物の師匠と「焦がし」の話をした時に紹介されたことでした。

作品のなかで天正15年10月1日(1587年11月1日)に
秀吉が催した北野大茶会において、美濃の一化という茶人が、
秀吉に「(茶は)ございません。焦がしはいかがでございましょう」と
「焦がし」を点てています。「焦がし」とは、
「ただ糯米を煎っただけでなく、乾した蜜柑の皮や山椒、
茴香などをまぜて、ていねいに粉にした。」と書かれています。
この一化を「今日いちばんの冥加はそのほうじゃ」と
手にしていた白い扇を与えて褒めたたえたとあります。

ところで、「焦がし」は、
京都の原了郭で「香煎」という名前で売られており、
黒七味とともに有名な商品です。
この原了郭は、赤穂義士原惣右衛門元辰の息子が創始者と
店の紹介パンフレットには書かれています。

利休の若き日の恋。その時に手に入れたかけがえのない香合を、
秀吉に渡すくらいならと粉々にしてしまいます。
この小説を読んでいますと、利休の美に対する考え方は
若き日の恋に原点があるように感じられます。

秀吉と利休の確執はよく言われますが、
私は茶に対する考え方を互いに認め合っていながら、
その考えが大きく違っていたことにあると思っています。
秀吉の黄金の茶室と利休のわび・さびの世界と
全く違う芸術感を持っていますが、
そのことをお互いが認め合っているからこそ、譲れない。
最後に秀吉は利休に切腹を命じます。
利休に周りの人たちが秀吉に詫びを入れるよう言いますが応じない。
このようなところに二人の確執を感じます。

それにしても、山本兼一さんの訃報をインドネシア研修旅行中に知り、
非常に残念に思っています。







不動


沢庵 不動智神妙録
沢庵宗彭 著/池田 諭 訳(徳間書店)


澤庵(沢庵)和尚は、但馬の出石の出身です。
但馬には澤庵の書などがたくさん残っているようです。
私も、澤庵自筆の書の掛軸を一度だけ拝見したことがありますが、
達筆すぎて読むことができませんでした。
この本を読むきっかけは、焼物の師匠が友人から薦められ、
その話をお聞きしてからです。
その時絶版になっていると聞き、インターネットで調べて、
神戸の古本屋さんにあることがわかり、早速出かけて購入してきました。

この本の帯には、
「宮本武蔵、柳生但馬の師であった沢庵が、
自己を生死の極限に追いつめてつかんだ珠玉の死生観。
繁栄の中の疎外に悩む現代人に主体性確立の道を明示する。」
とあります。

この本には、「不動智神妙録」「玲瓏集」「太阿記」が収められています。
昭和5年2月に巧藝社から刊行された
『沢庵和尚全集』全6巻にも、この3つは収録されています。

『不動智神妙録』は、柳生但馬守にわかりやすいように
剣の道を例に話が進んでいます。
最後の「親がまず身を正せ」では、
「子供の柳生十兵衛の素行がよくないのは
親のあなたの行動が正しくないのに
子供の悪を責めるのは誤りです。」とか、
「各大名からの賄賂も多く、
欲に目がくらんで義を忘れておられるようですが、
とんでもないことです。」とはっきりと苦言を呈しています。
紫衣事件*などでもわかるように、
権力に屈しなかった沢庵だからこそ言えた言葉ではないでしょうか。
帯にあるように「主体性確立の道を明示」されているのでしょうが、
なかなか理解できないところが多い本でした。

*江戸時代に朝廷から徳の高い僧侶に与えられた紫色の法衣や袈裟(けさ)を、
 江戸幕府が取り上げた事件のことです。
 これに反対した沢庵和尚は、流罪になりました。






* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR