副校長の読書散歩 #29

新聞記事がきっかけで

Selected by 安積秀幸副校長先生

29



本校がNIEの研究指定を受けていることから、
新聞をできるだけ読むことにしています。
その気になって読んでみると、
日曜日に各社が工夫を凝らしている読書コーナー以外にも、
本にかかわる記事が多いことに気がつきます。

タイトルを見て「?」と思い、
読んでからは「!」と納得してしまう記事もありました。
「読んでみようかな」と少し気になっていた本への挑戦に、
背中を押された記事もあり、それがきっかけで
読み始めたということが続きました。

そのような本のうちの3冊を紹介いたします。






IMG_0682


ぼくがここに
まど・みちお 著(童話屋)


まど・みちおさんは、童謡の「ぞうさん」「一ねんせいになったら」などで
誰もが知っている詩人です。
まど・みちおさんの詩集を読むきっかけになったのは、
平成26年3月27日の読売新聞に中村桂子さんが、
『「?」と「!」を楽しむ』というタイトルで
書かれていた文を読んだことでした。

中村桂子さんとは、以前お会いする機会があり、
直接お話をお聞きしたことがあります。
そのときに、学生時代に購入していた中村桂子さんが翻訳された
『二重らせん』にサインをお願いしたことを
思い出しながら読ませていただきました。

『「?」と「!」』はビクトル・ユーゴーと出版社との間の
「世界で一番短い手紙」*で有名な2つの記号ですが、
別の意味の『「?」と「!」』を楽しく読むことができました。

新聞を読んで、さっそく図書室に行き、
岩崎先生に「まど・みちおさんの詩集を」とお願いし、
この詩集を紹介していただきました。
「ぞうさん」と同じように、
大好きなおかあさんが出てくる「タオル」という
あたたかい詩が印象に残りました。

 あさ トイレに いくと
 きまって まっていてくれる
 あらいたての
 さっぱりした タオル

 おはようさん わたしが
 おてふきがかりで ございます
 と たのまれて かしこまっている
 ままごとの
 おばあちゃんのようだ

 そして その BGMみたいに
 きらきら ひかって
 きこえてくる
 あおぞらに せんたくもの ほす
 ママの えがおまでが・・・



*世界で一番短い手紙:フランスの文豪であるビクトル・ユーゴーが
『ああ無情』(『レ・ミゼラブル』)という本を出版した時のことです。
売れ行きが心配だったユーゴーは、出版社に問い合わせました。
その手紙が「?」です。そして出版社の返事が「!」でした。










iMG_0289


蜜蜂・余生
中 勘助 著(岩波文庫)


中勘助は、灘高等学校の橋本武先生が
『銀の匙』を授業で取り上げられたことで有名です。

平成25年6月17日の読売新聞の「先人を訪ねて」で中勘助が取り上げられ、
「銀の匙」の実物の写真も出ていました。
懇意にさせていただいている花隈のお菓子屋さんで
同じ実物を見せていただきました。

この本を読むきっかけになったのは、鳥取のYさんに
第24回で紹介した『城の崎にて』の豆本を
お送りしたお返しにいただいたことです。
Yさんにはいつも少し違った視点でいろいろなことを教えていただきます。

中勘助は、橋本先生が亡くなって『銀の匙』が
新聞などでもさかんに取り上げられ少し気になっていました。
「機会があれば読んでみようかな」と思っていた矢先に、
岩波文庫の『蜜蜂・余生』が届きました。

「何でわかるのかなあ」と思いながら、
インドネシア研修旅行の引率の飛行機の中や宿泊先で読みました。
表紙には
「半痴半狂の長兄を家長とし、紛糾のたえなかった中家を一身に背負って
“家”の犠牲となった兄嫁。孤独でやさしかった兄嫁の晩年をしのぶ随筆」
と書かれています。
その兄嫁への「いたわりと思いやり」が、
兄嫁の死の前後の日々の日記の形で書かれています。

一生懸命に働き、家を支えて亡くなった兄嫁を
ミツバチの働き蜂に見立てて
「蜜蜂」と名付けて出版されたことも書かれています。

時には兄嫁への語り口調、時には兄嫁の様子の記述という書き方ですが、
全体に兄嫁への思いが絶えず流れています。
自分の妻の記述は全くありません。
というのも、兄嫁の死後自分一人で兄の世話をすることの困難から
結婚することを決意するのですが、
結婚披露の当日に兄は亡くなったということです。
妻とは、中勘助のやさしさがあふれる家庭をもったようですが、
結婚前の生活での優しさがあふれる作品です。

「余生」は、出版した「蜜蜂」を贈った方々からの礼状が続きます。
その礼状では異口同音に中勘助の
兄嫁への思いやりを誉められています。

最初に解説を読んだ時には、兄嫁への思いが
これほど延々と綴られているとは想像もしませんでした。
現在の私の感覚ではちょっと理解できないくらいに
兄嫁末子さんへの思いが綴られています。

もう少し、中勘助を読んでみようかなという気持ちになっています。





* 「副校長の読書散歩」とは?

図書部1年生を迎えて

図書部員おすすめ本コーナー_convert_20140609143131

今年、図書部は1年生8名を新たに迎えました。
放課後の図書室はにぎやかです。

8名に、おすすめの本を紹介する
POPを作成してもらいました。

推薦文に思いを込めたPOPもあれば、
切り絵やイラストを添えて
見せ方に工夫を凝らしたPOPもあって、
「とっておきの1冊」を紹介するための
表現の仕方はさまざまです。

3年生の部員が作ったものも一緒に、
メインテーブルに展示しています。
POPから始まる本との新しい出会いを、ぜひ。



赤毛のアンと花子コーナー_convert_20140609144414
『赤毛のアン』のほか、作者モンゴメリーの生涯を描いた『旅路の果て』など

また、図書室に入ってすぐの場所には、引き続き、
NHK連続テレビ小説『花子とアン』にちなんだ
作品やポスターを展示しています。



6月モビール 手芸部作品+(2)_convert_20140609143057
梅雨空を見上げる気分を明るくしてくれそうな、色とりどりの滴

窓辺には、手芸部の作品が揺れています。


今月に入ってから、
1年生を対象にした図書室利用ガイダンスを
順次行っています。
ガイダンスの様子については、またご紹介していきます。

図書部の部員もまだ募集していますよ!

入り口の看板_convert_20140609144814

副校長の読書散歩 #28

衝撃を受けた本

Selected by 安積秀幸副校長先生

衝撃を受けた本①




本を読んだことをきっかけに話がどんどん広がり、新たな出会いができます。
このことが読書の楽しみの一つです。

出会った方々と話をしているときに何げなく話をされた中に
思いがけない本との出会いが多いように思います。

そのような出会いを今までも紹介してきましたが、
いろいろなジャンルの本を読んでいますと、
自分が今まで考えてみなかったことに触れ、
大きな衝撃を受けることがあります。

また、自分と同じようなことをされていることに
意を強くすることもあります。

人との出会い、本との出会い。
生活の中の小さな一コマかもしれませんが、
その一コマが積み重なると大きな財産になっています。
なかなか楽しくうれしいものです。






松丸本舗主義

松丸本舗主義
松岡正剛α 著(青幻社)


この本を読むことになったきっかけは、
このブログでお世話になっている鈴木朝子さんから紹介されたことです。

第13回の「白川静さんの3冊」で、
松岡正剛さんが書かれた平凡社新書『白川静』を紹介したことから、
この本を教えていただきました。

東京駅近くの丸善の一角に開店した「松丸本舗」。
松岡さんの思いの詰まった書店の顛末記です。
残念ながら私は訪問しておりませんが、
この本を読んでから
このような本屋さんがあれば楽しいだろうなとしみじみ思います。

500ページを超える本ですが、読んでいると一つ一つの話に、
「ふーん」と感心してしまいます。
著者名にαが付けられていることも、またおもしろいと思いました。

第Ⅲ章に「各界から寄せられたメッセージ」が紹介されています。
皆さん異口同音に松丸本舗のすばらしさと
閉店の残念な気持ちを綴っておられます。
読んでいて、一つを除いて同じようなメッセージに、
少しうんざりしたところもあります。
松丸本舗に出会ってから
自分はどう変わったかというところが聞きたいと私は思います。

第Ⅰ章、第Ⅱ章と松岡さんの思いがいっぱい詰まっています。
私はこの松岡さんの思いが詰まりすぎていて、
「これでもか、これでもか」と追っかけられている気分でした。
一度読んだだけで、ほとんど理解できていません。
しばらくしてから、もう一度ゆっくりと読むことになる、
そんな気がしています。

他人の本棚が気になる。覗いてみたいという願望。
本は購入されて、読まれてからは本棚に死蔵、「つんどく」されて死蔵。
いろいろのパターンがありますが、活用方法は?考えさせられました。

読んでいる途中に、岩崎東里先生にも紹介しました。
紹介いただいた鈴木さんを交えて三人で本のことについて話ができたら、
さぞ楽しいひと時を過ごすことができるだろうなと思っています。
鈴木さんよろしくお願いします。






100の基本

100の基本
松浦 弥太郎 著(マガジンハウス)


鳥取のYさんとお会いしたときに、先輩方からお教えいただいた一言を
パワーポイントに整理して、時々研修の時に活用している話をしました。
その時に、「それなら是非に」と薦められたのがこの本です。
松浦弥太郎さんが日頃気を付けている100のことを書かれています。

まえがきにあたる「松浦弥太郎の『100の基本』とは」に
  
 日々、仕事や暮らしをしていく中で、
 いつも人やものごとに好奇心を持って、
 それらを見つめていると、はっとするような、ささやかな感動や発見、
 思いつきとか、すてきだなあと思うようなことに気づくことが多いのです。
 そんな時はなんだか宝ものを拾ったようなうれしい気持ちになり、
 その時のことをメモに残しておくのです。

と書いておられます。全く同感です。
いろいろな方と話をしていますと、「なるほど」と感じることがあります。
そんな時私は、メモをして、パワーポイントで整理しておきます。
まだまだ数は100には届きませんが、
時々コンピュータを立ち上げ見ています。
教えていただいたその時の情景やその時の思いが浮かびます。

平成26年4月21日の神戸新聞「あ・ん」というコラムに
編集委員の田中信明さんが「教師を支えた言葉」として、
兵庫教育大学大学院で「学校現場で奮闘する教師が、
子どもや親と向き合う中で支えにしてきた『名言』」を
集める試みをしていることが書かれていました。
同じようなことを考えられる方がいらっしゃることにも驚いています。

教えをいただいた一言をまとめている話をしますと、
「そのまとめられたものをいただけませんか。」
と言われることがありますが、
「ご自分で作られたらどうでしょうか。」とお答えすることにしています。
ひと言ひと言、お会いした方々の心や
教えていただいた方々への感謝の思いを大切に、
自分なりの「100の基本」を作ることが大切だと思います。

この本を学校の図書館にと思って事務所に持って行ったところ、
事務所で仕事をされていた福田綾さんから
「先に読ませてもらっていいですか。」と
うれしい一言を聞くことができました。






日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社
坂本 光司著(あさ出版)


図書室で岩崎東里先生に
「何かおもしろい本ある?お薦めの本は?」と
お聞きした時に「一番のお薦めです。」と言って手渡された本です。
お借りした本は、岩崎先生ご自身の本でした。

「はじめに」では、
他力本願の会社「景気や政策が悪い」「業種・業態が悪い」
「規模が小さい」「ロケーションが悪い」「大企業・大型店が悪い」と
外部環境が悪いと言って言い訳をしている会社はだめだと言っています。

一方
「社員とその家族を幸せにする」「外注先・下請企業の社員を幸せにする」
「顧客を幸せにする」「地域社会を幸せにし、活性化させる」
「自然に生まれる株主の幸せ」と
会社を構成し取り巻く五人に使命と責任を果たす
会社でなければならないと言われています。
その使命と責任を果たしている会社のうち14社を、タイトルにある、
「日本でいちばん大切にしたい会社」として紹介されています。

企業紹介の中で、「win-winの関係」という言葉がよく出てきました。
生徒の皆さんが授業で実践している「7つの習慣J」でも出てきます。
著者坂本さんも当然「7つの習慣」をよく御存じで、
引用されたのではないかと思いました。

岩崎先生の紹介された意図と
おそらく違った感じを受けながら読みました。
確かに、責任を外に転嫁していては何も解決できない
ということを教えられた本です。
わかってはいるのですが、なかなか実行できないのが本音のようです。






* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR