副校長の読書散歩 #22

「ひょうご文学散歩」がきっかけで

Selected by 安積秀幸副校長先生


ひょうご文学散歩がきっかけでs

20回目の読書散歩で廣岡徹先生から『ひょうご文学散歩』をいただいたこと、
堀辰雄の「旅の絵」の話を紹介しました。

『新潮日本文学16』の堀辰雄集に「旅の絵」があることを知り、
市の図書館からをお借りしました。
「旅の絵」のサブタイトルに「竹中郁に」と書かれています。
20回目でも触れましたが、この竹中郁さんは、
兵庫県播磨高等学校の校歌の作詞者です。

インターネットを使って調べてみますと
兵庫県内の学校の校歌をたくさん作詞されています。
「副校長の読書散歩」ではいろいろな方にお世話になっています。
また、学校に来られた方や友人から「読んでいますよ」と
あたたかいお言葉をちょうだいすることもあります。
この「旅の絵」から始まった読書散歩の展開を紹介します。







新潮日本文学s

旅の絵(新潮日本文学16)
堀辰雄 著(新潮社)


『ひょうご文学散歩』に紹介されている“T君”は、
読み始めるとすぐに登場します。
“私”は、T君の交渉で神戸のあるホテルの一室に宿泊することになります。
しかし、その部屋は借主がクリスマスのために東京へ出かけており、
たまたま空いている部屋なのです。結局はそこへ宿泊することになり、
借主の荷物の中から本を見つけて読み出すことになります。
現在の私たちの感覚では「え~っ!」ということになるのですが、
その当時は許されていたのでしょう。
全体的に暗い感じのする神戸滞在記です。

堀辰雄は、
 T君が英語でもって部屋はあるかと声をかけた。
 するとその主人はそれよりもっと下手糞な英語でそれに応じた。
と書いています。
次に紹介する『消えゆく幻燈』では竹中郁さんは、
この「旅の絵」で下手な英語でホテルの主人と交渉した
と書かれたことに、盛んに弁解をしています。
堀辰雄を読むのは初めてなのですが、
持っていたイメージとはたいぶ違っていました。




消えゆく幻燈

消えゆく幻燈
竹中郁 著(編集工房ノア)


別件で廣岡徹先生と電話をしました時に、
「旅の絵」を受けるような形で『消えゆく幻燈』を
竹中郁さんが書かれていると話をしました。
廣岡先生曰く「よう探したなあ。」

しかし、この「消えゆく幻燈」は自分で探したのではなく、
この「副校長の読書散歩」でお世話になっている鈴木朝子さんから
教えていただいたのです。
本校の80周年の時にいろいろと調べられ、その時からご存じだったそうです。

この『消えゆく幻燈』は、カバー・扉の装画も竹中郁さんの作品です。
竹中郁さんの交流のあった作家の話が続いています。最初が「堀辰雄」です。

堀辰雄との出会いから「旅の絵」のモデルの“T君”が自分であることについて、
「四季」や「文芸臨時増刊堀辰雄読本」、日本文学全集の月報、
堀辰雄全集の月報などに書かれた作品を集めたものです。
短編ですぐ読むことができました。

堀辰雄との出会いの場が芥川龍之介の自宅であったことや、
「旅の絵」で描かれた神戸のホテルで下手な英語で交渉する話の言い訳など、
大変面白く読むことができました。
廣岡先生は、作家間のつながりに興味を持っておられるようでしたが、
私は、堀辰雄に書かれたことに弁解をしている人間・竹中郁に興味をひかれました。

堀辰雄の次に書かれているのが、「稲垣足穂」です。
稲垣足穂の手紙の写しが私の手元にあります。
いろいろと教えていただいている方から頂戴したものです。
つながりというのは本当に不思議なものですね。



* 「副校長の読書散歩」とは?

「図書だより 1月号」

※画像をクリックすると、別画面にて表示されます。
  ズームアップしてご覧ください。


1gatsuP1_2014012309570836f.jpg

1gatsuP2.jpg


2014年最初の図書だよりです。

今号では、
各図書の分類番号(*)も掲載してみました。

自分の探している本の分類番号の検討がつくようになると、
どんなジャンルの本でも、どの棚におさめられているかが
すぐ分かるようになります。

* NDC(Nippon Decimal Classfication:日本十進分類法)という
 図書分類法にもとづく番号。


副校長の読書散歩 #21


論語を味わうための2冊

selected by 安積秀幸副校長先生

論語TOP_convert_20140108151904


昔から論語についての本は数多く出版されています。
私が論語について読んでみようと思ったきっかけは、
兵庫県立北条高等学校の校門を入ったところに
湯川秀樹先生が書かれた、「學而思」という石碑が立っていることを知って、
当時の校長先生にお願いして拓本を取らせていただいたことです。
豊岡に勤務していた時に一緒の学校にいらっしゃった書道の大家の先生に
拓本の仕方を教えていただきながら、冬の半日をかけて拓本を取りました。

石碑


湯川秀樹先生は皆さんもよく知っておられると思いますが、
日本で初めてノーベル賞を受賞された先生です。
先人は理科系や文科系という区別なく幅広く勉強されており、
そのことが偉業を残されていることにつながっているといつも思っています。
例えば、論語をテキストにして行われるという「素読」*1は
我々はあまり経験していないものですが、
大切な方法ではないかと考えてしまいます。

恩師の米山徹先生から湯川秀樹先生ゆかりの本等も頂戴しておりますので、
また機会を見て紹介をしたいと思っています。


*1素読:
文章の意義の理解をさておき、まず文字だけを声に出して読むこと。
明治時代以前、漢文学習の方法として広く行われていたそうです。












論語

『論語』
金谷治訳注(岩波文庫)


拓本を取ってから、通勤電車の中で読もうとこの本を購入しました。
湯川先生の「學而思」は、為政*2第二の五の、
「子曰、學而不思則罔、思而不學則殆」が元だと思います。
これは先生が言われた、
「学んで考えなければ、ものごとははっきりしない。
考えても学ばなければ、独断におちいって危険である。」
という意味だとあります。

校長先生から、東京世田谷区の教育委員会が作成した
教科書(昔の小学生用に作られたもの)をお預かりしていますが、
日本語一・二年用には、
「子曰、學而時習之、不亦説乎。有朋自遠方来、不亦楽乎」
が取り上げてあり、三・四年用にも五・六年用にも
論語は取り上げてあります。
昔の子どもたちの素読を意識した編集になっています。

私より年配の方々にも、論語を勉強しておられる方が大勢いらっしゃいます。
一度全部を読みましたが、今は、
論語にある言葉の意味を調べるときに読んでいます。
一度じっくりと意味をかみしめながら通読しなければと考えています。


*2為政:
「論語」を構成する20編のひとつ。










論語の新研究

『論語の新研究』
宮崎市定著(岩波書店)


著者の宮崎市定先生は、第8回の『謎の七支刀』や『水滸伝』で紹介しました。
「論語の新研究」は、恩師米山徹先生と
湯川秀樹先生の「學而思」をお話しした時にお聞きしました。

その時に「ください。」とお願いしましたが、
「一冊しか残っていないので、だめ。」
と言われて諦めて購入を考えていたのです。
ところが、米山先生からいただいた本を置いている本棚に
既に並んでいました。
もう既にいただいていたのです。
その話をすると、笑いながら「そうか。」と言われました。

この本の、「子曰、學而不思則罔、思而不學則殆」の意味は、
「子曰く、教わるばかりで自ら思索しなければ独創がない。
自分で考案するだけで教えを仰ぐことをしなければ大きな陥し穴にはまる。」
であると書かれています。
私は、こちらの解釈の方がわかりやすいと思っています。


* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR