副校長の読書散歩 #20

      
印象に残っているいただいた本

selected by 安積秀幸副校長先生

#19top



学校の図書館に、集英社から100冊の文庫本をいただいたり
また、新聞で紹介されていた募集に応募して
50冊の文春文庫をいただいたりしています。

私も今年、いろいろと本を購入したり、
また、いただいたりしました。
知人から頂戴した時には、
必ずサインをお願いすることにしています。
いただいた本の中から印象に残ったものを紹介します。





ひょうご文学散歩

『ひょうご文学散歩』
廣岡 徹 著(神戸新聞総合出版センター)



著者の廣岡徹先生とは20年以上のお付き合い。
このたび大学教授を退官されるにあたって出版されたのがこの本です。

前に書かれた『兵庫散歩「文学を訪ねて」』もいただき、
学校の図書室に寄贈しています。
先日、校長先生を訪ねてこられて
「学校の図書室に」と生徒の皆さんへのメッセージとともに、
2冊寄贈いただきました。
私の頂戴した本には、サインと素晴らしい一言が書かれていました。

サイン


淡路、豊岡と単身赴任をしてきた私は、
心当たりのある地名や人の名前を拝見し、
懐かしく思い出しながら読ませていただきました。
この本から、また新しい読書散歩が拡がっていくような気がしています。
兵庫県の各地が登場する文学作品について、
先生ご自身が撮影された写真とともに、思いを綴られています。

今回、この本から教えていただいたなかで印象深いのが、
堀辰雄の「旅の絵」。
早速、岩崎東里先生に話をして、
新潮日本文学16の堀辰雄集をお借りしました。

新潮日本文学

サブタイトルに「竹中郁に」と書かれています。

神戸駅で降車した作者は、元町通りの珈琲店から
須磨に住んでいる友人T君に電話を入れる。
そのT君というのが詩人の竹中郁。
堀辰雄の友人である詩人竹中郁は、本校の校歌の作詞者。
驚きの1ページでした。








先祖の話mini

『新訂 先祖の話』
柳田國男 著(石文社)



今回の「新訂 先祖の話」を読むきっかけになったのは、
8月16日の神戸新聞で、「日本石材産業協会兵庫県支部が
柳田國男の『先祖の話』を先着70名の方に無料進呈します。」
という記事を読んだことです。

早速に申し込みをして、送っていただくことができました。
送り状には、
「新聞に掲載された翌日には427通、
その後1000通を超える申し込みがあり、
初日の申込者に抽選で送ることになった。」と書かれていました。

柳田國男と言えば「遠野物語」などの著書で
知っておられる方も多いと思います。

遠野物語

私も以前、柳田國男の生家に行ったことがありますが、
福崎町生まれの民俗学者として有名です。

先祖という言葉には2通りの意味があることから始まり、
歳徳神(としとくじん)、
春の初めに「明木の方」から、われわれの家を
一つひとつ訪れたまう「年の神」の「お正月様」は、
吉方(えほう)との関係があること。

暮れの魂祭は、徒然草には
「晦日(つごもり)の夜いたう暗きに、
・・・・・亡き人の来る夜とて、魂祭(たままつ)るわざは
此頃(このごろ)都には無きを、
東の方には猶することにてありしこと哀(あは)れなりしか。」
と書かれているように、鎌倉末期には京都ではすたれていたこと。

お盆や正月には、親戚が集まって、ということも
少なくなったかもしれませんが、
人と人のつながりについて、日本の昔から行われていた祭に触れながら
話が進んでいきます。

私たち日本人が忘れかけていることを、思い起こさせてくれた一冊でした。



* 「副校長の読書散歩」とは? 

クリスマスの図書室から

クリスマスの飾りと関連図書のディスプレイで
とってもにぎやかな図書室の様子をご案内します。


ようこそ、クリスマスの図書室へ
外からもクリスマスが楽しめます!_convert_20131225130453

クリスマスリースは華道部3年生の作品です
クリスマスリースは華道部3年生が作ってくれました_convert_20131225130336

おすすめ本の図書コーナー
おすすめ本の図書コーナー_convert_20131225130307

「図書だより12月号」で紹介した図書やクリスマス関連図書と一緒に、
ラッピングの本や贈り物のマナーブックを集めました。
そして1月に予定されている3年生のテーブルマナー学習に合わせて、
教養科のおすすめ本も展示しています。


クリスマスの雰囲気たっぷりと
クリスマスの雰囲気たっぷりと_convert_20131225130322

お菓子のレシピブックや編み物の本など、
冬を楽しむためのコーナーです。


雪だるまとツリーのモビール
雪だるま&ツリーのモビール_convert_20131225130533

あたかも風に揺られて、雪だるまが微笑んでいるようです。
図書室の外からも楽しんでもらえる
雰囲気づくりを大切にしています。


クリスマス絵本のコーナー
クリスマス絵本コーナー_convert_20131225130352

ミニツリーと一緒に、クリスマスにぴったりの
おすすめ絵本を展示しています。
とくに、『4つのすてきなクリスマス』では、
クリスマスにまつわる素敵な物語が描かれています。
ぜひ、クリスマスの夜に楽しんでほしいおすすめの一冊です。


トナカイ・雪だるま・ジンジャーマンは手芸部の作品です
トナカイ・雪だるま・ジンジャーマンのマスコットは手芸部の作品です_convert_20131225130407

トナカイはフェルトバックに!
ブーツの中にはプレゼントが入っています。


パディントンのクリスマス本と一緒に。
パディントンのクリスマス本と一緒にディスプレイしてみました!_convert_20131225130630

飾り棚の上段に並んだ「スノーマン」や「ツリー」も、
手芸部の作品です。

副校長の読書散歩 #19

      
校主先生、校長先生、園長先生の著書

selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_2312


今年の1月から始めた「副校長の読書散歩」は20回になりました。
気が向くままに興味のある本を読み、紹介してまいりました。
上巻や下巻のある本は1つの本として紹介しましたが、
別の本として数えてみますと50冊になります。

今まで原稿を書きながら気になっていたことがあります。
それは、校主先生の『本物は美しい』、
校長先生の『新「やまと撫子」論』、
岡本ハーベスト保育園の片山真知子園長先生が監修されました
『子育てのための なでしこ流メソッド20』を
紹介していないということでした。

『本物は美しい』と『新「やまと撫子」論』は
兵庫県播磨高等学校に赴任しました時に、
本校の教育方針や基本的なコンセプト、
実践事例を勉強するためにいただきました。
『子育てのための なでしこ流メソッド20』は
今年刊行された新しい本です。
いただいた時に一度読み、必要に応じて読んでいます。







本物は美しい

『本物は美しい』
摺河昭彦 著



赴任当時にいただいた時に通読し、
本校の在り方について勉強させていただきました。

その後、先生方や生徒の皆さんに話をするときなど、
教養の礎を築かれ、そして実践されてこられた校主先生の考えや
様々なエピソードなど、その時々に応じて
あらためて読ませていただいております。

それだけではなく、いろいろとお教えいただくことがあります。
今回『本物は美しい』をひらいてみたところ、
「墨を惜しむ」において、次のような言葉に出会いました。
 
 腕を磨くことにより
 最少の筆致で最高の表現を目指す意味であります。
 これを「筆を惜しむ」と言い換えることもできます。

と書かれています。
このように文章を書いておりますと、
「推敲」を心掛けているのですが、後になってからも、
気になるところが目立ちます。反省しきりです。
幅広い知識と経験を端々に感じております。
直接お教えいただく機会がなかったことを、
とても残念に思っています。





やまと撫子論

『新「やまと撫子」論』
摺河祐彦 著 (プレジデント社)



校長先生とは仕事の関係はもちろんですが、
趣味の話なども含めてお話をさせていただき、
その機会が最も多い一人だと思っています。

教育者として、また、経営者としてのはっきりとした考え、
信念を持っておられ、私の尊敬する人のお一人です。

『新「やまと撫子」論』は
平成23年度島根県の公立高等学校入学者選抜で
国語の学力検査問題に使用されました。
124ページの
「人間関係と協調性を重視する日本文化を表す言葉として、」から、
128ページの
「『和の精神』をもっと大事にし、
子どもたちにも教えていくべきだと思っています。」までです。

入試問題を作成される方は、
受検する生徒の皆さんの学力をはかるだけではなく、
その県の教育の考え方等を知ってほしい、
その文に書かれていることについて考えてほしい
という願いや思いのもとに、多くの本の中から選ばれています。

平成25年12月2日の神戸新聞に、
西はりま天文台センター長の伊藤洋一さんも
「試験の出題者は、何も受験生を落とすためではなく、
狙いがあって問題を作っている。」
と書かれています。
入試問題に採用されるということは、
そのようなことから考えてもとても素晴らしいことなんです。

私の印象に残っているところは、27ページの、
本校の校訓の一つである「誠実」を具体的にひもとき、
「何をするにも心がこもっている」「物事から逃げない」
「嘘をつかない」「約束を守る」「自分の言動に責任を持つ」の
5つの例をあげて説明されているところです。

新しく本校の職員に就任された方々に
お話をする機会がありますが、
必ずこの部分を紹介することにしています。

校長先生には失礼な言い方になると思いますが、
これからも校長先生との話をさせていただく機会を
楽しみたいと思っています。





なでしこ流

『子育てのための なでしこ流メソッド20』
片山真知子監修 (河出書房新社)



片山真知子先生は、岡本ハーベスト保育園に
校長先生と訪問させていただいた時に
初めてお会いしました。

お会いして、しばらくお話をして、
「何と素晴らしい方なんだろう。」と思いました。
その後何回かお会いしましたが、
その思いはその度に深まっています。

片山先生が子育ての本を監修されて出版されるということを
校長先生からお聞きして、心待ちにしていました。

初めてこの本を手にし、読ませていただいた時には、
片山先生の人柄がそのまま伝わってきました。
先生のあたたかい気持ちと培われた経験も
そのまま伝わってきます。

この本は、平成25年6月25日の
神戸新聞に大きく紹介されました。
紹介文を書かれた記者の方が本を読まれて、
いたく感動され取材されたことを片山先生からお聞きしました。
そのエピソードを聞きながら、
ちゃっかりとサインもしていただきました。

漫画仕立ての本ですが、読んでいて
「え~、そうなんですか。」と教えられること教えられること。
驚きの連続でした。
読みやすく、子育て真っ最中の方にも、
これから子育てされる若いお父さんお母さん、
保育士を目指しておられる方にも
是非読んでいただきたいと思います。

私の子どもたちが自分の子どもを持ち、子育てをするときには
プレゼントしたいと思っています。



* 「副校長の読書散歩」とは? 

「図書だより 12月号」

※画像をクリックすると、別画面にて表示されます。
  ズームアップしてご覧ください。


図書だよりp1
図書だよりp2

12月号の図書だよりは、初めての両面印刷です。

特集コーナー「みかんアートと冬芽の楽しみ方」で
取り上げた2冊は、副校長先生からの寄贈図書です。
『冬芽ハンドブック』は、
以前、副校長先生の読書散歩でも紹介された作品です。

また、裏面で紹介した「林先生」の著作も、
教員からの寄贈図書です。

キャリアの授業のプレゼンテーション

Events+for+the+Four+Seasons+in+Japan_convert_20131210202732.jpg
"Events for the Four Seasons"

常森教諭による英語科のキャリアの授業で、
11月21日と28日の2日間、
グループによる研究発表が行われました。

発表のテーマは
「日本の文化・伝統の紹介」です。
英語で日本の文化を紹介します。

3年2組の生徒たちは、
10月の下旬から計4回にわたって
図書室で調べ学習に取り組みました。

発表当日は、常森教諭にお願いして
見学に行ってきました。

現在、図書室に、
生徒たちがプレゼンテーション用に
まとめた研究の成果を掲示しています。
グループは全部で8つです。

Japanese+Traditional+Rules_convert_20131210202829.jpg
"Autumn"

Japanese+Autumn_convert_20131210202757.jpg
"Japanese Events"

Japanese+Food_convert_20131210204428.jpg
"Japanese Food"

Japanese+Tea_convert_20131210202813.jpg
"Japanese Tea"

Kyoto_convert_20131210203153
"Kyoto"

The+basics+of+Japanese+manner_convert_20131210202844.jpg
"The basic of Japanese meals"

YukataKimono_convert_20131210202959.jpg
"Yukata,Kimono"

全グループの発表後に、
生徒たちは「Evaluation Sheet」の記入を行いました。
私もその集計をお手伝いしました。

プレゼンテーションの結果と評価を、
一部ですがご紹介します。
(評価は、生徒と英語科の教諭、そして岩崎によるものです)

◯1位:「Events for the Four Seasons」
 creativityが高く、発音もよく
 Well organizedでは、内容が充実していました。

◯2位:「The basics of Japanese meals」
 このグループもcreativityが高く評価でき、
 お箸の使い方の説明とイラストがとてもよく、
 分かりやすかったです。

◯3位:「Japanese Tea」
 このグループは、和菓子のイラストなど工夫していて、
 発音もしっかりしていました。


3年2組の皆さんに、1学期・2学期と本当に
図書室をよく利用してもらい、とっても嬉しかったです。
最後まで、「キャリア」の授業に携わることができ、
私自身もいい経験ができました。


最後に、キャリアの授業の参考図書を紹介します。

『英語で日本を紹介しよう』1~5巻 居村啓子著(ポプラ社) 
英語で日本を紹介しよう

『英語で説明する日本の文化』 植田一三・上田敏子著(語研)
英語で説明する日本の文化
     
『日本文化を英語で紹介する事典』 杉浦洋一・John K.Gillespie著(ナツメ社)
日本文化を英語で紹介する事典_convert_20131210211104


『日本のことを英語で話そう』 シーラ・クリフ著(中経出版)
日本のことを英語で話そう

『絵でわかる英語で紹介する日本文化』 桑原功次著(ナツメ社)
英語で紹介する日本文化_convert_20131210211323

『英語で紹介する日本』 桑原功次著(ナツメ社)
英語で紹介する日本_convert_20131210211445

『和の行事えほん』1、2 高野紀子著 (あすなろ書房)
和の行事絵本_convert_20131210211508 和の行事絵本2_convert_20131210211523
                    

副校長の読書散歩 #18

      
「高校生のための文化講演会」で
集英社からいただいた文庫から


selected by 安積秀幸副校長先生

読書散歩#17


通勤電車の中では、しばしば、吊革につかまりながら
左手に本、右手に吊革という姿勢で読んでいますと、
どうも栞が邪魔になります。

特に文庫本では、最初から挟み込んである栞、
幅が広ければ広いほどページが起き上がってきます。
しばらくするとページを抑えている親指と小指が
痛くなってきます。

指が痛くならない栞、いろいろと探し回りましたが、結局、
プラスチックの薄い荷造り紐です。
ゴミとして捨てられていますが、
長さ10cm位に切って小さな幅の板にして使っています。
安上がりで、エコで、便利ですねえ。
おかげで指も痛くなることなく本を読むことができます。

ここしばらく学校の図書室で借りた
畠中恵さんのシリーズも読み終え、
その勢いで時代小説を読み続けています。

集英社から寄贈いただいた100冊の文庫から
心あたたまる時代小説をとりあげました。





あいあい坂

『狸穴あいあい坂』
諸田 玲子 著(集英社文庫)



前にも書きましたが、
江戸時代の時代小説は本当に、
人への思いやりがにじみ出ています。

この小説は、親が持ってくる縁談を避けるため、
元火盗改*1の厳格な祖父と暮らしている娘が主人公です。
元火盗改と「犬猿の仲」の町方の同心*2にほのかな思いを寄せますが、
周りの人々の思いやりのあるかかわり方から
何とも言えないあたたかさが伝わってきます。

10月の下旬に、ポーランドのナザレ校から
2名の先生と6名の生徒さんが来られました。

ナザレ校の校長先生のあいさつや動作には
いつもあたたかさが感じられました。
そう感じたことをお話しましたところ、
「ひとことひとことに心を込めています。」と言われました。

行動やことばににじみ出てくる心、
本校の教養で目指しているところに
共通していると思います。



*1 火盗改:
「火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためがた)」を略した言葉です。
江戸幕府において、放火犯や盗賊の逮捕・取り締まりを行った仕事のことをいいます。

*2 同心:
江戸幕府における下級の役人のこと。
次の『浪花ふらふら謎草紙』にも出てきます。






ふらふら謎草紙

『浪花ふらふら謎草紙』
岡篠名桜(おかしの なお) 著 (集英社文庫)



主人公「花歩」は、
幼い時に父親と旅籠で宿泊したまま、置き去りにされます。

旅籠夫婦に育てられている花歩は、
置き去りにした父親の残した風景画の描かれた場所を探しながら、
大坂中を歩き回ります。
その行動が書名の「ふらふら」になっています。
わかっていながら、ふっきれないよそ者という感じ。

しかし、幼馴染の同心に連れられて
遅く帰ってきた時の養母の登美の行動……

  戸口に手を掛けるよりも先に戸が開き、
  「花歩!」という登美の声と同時に頬をはたかれ、強く抱きしめられた。
  「こない遅うまで ――心配させて!」
  登美の涙声が花歩の肩に押し付けられる。
  頬よりも胸が痛い。苦しいのに、あたたかい。
  「堪忍、おかあはん」

……というできごとから花歩の行動が変わってきます。

幼馴染の同心の、立場上、素直に表に出せないながら、
花歩へのあたたかい思いやりが感じられる展開が続きます。

『狸穴あいあい坂』とはまた違った
人のあたたかさが感じられる小説です。



* 「副校長の読書散歩」とは? 

図書部員の感想文

前回の「図書室だより」では、
図書部員が当選した「文春文庫50冊」のコーナーを取り上げました。

今回は、応募に際して生徒が書いた感想文の中から、
特に印象深かった5点をご紹介します。
生徒の、素直な「つぶやき」が聞こえてきます。


6プリンセス・トヨトミ_convert_20131118111932

『プリンセス・トヨトミ』 万城目学 著


 会計検査院の3人が色々なお金を会計する
不思議で現実でもありそうな世界観が自然と
引き込まれて行きました。後半になるにつれて
新しい一面が見えてきたり、松平の過去に魅了されました。
 また、会計検査院の3人のキャラクターが
個性的で自分の周りにこんな人が居たら楽しい
だろうなーと感じました。大阪城が赤く照ったり、
女王の存在が大きく動いて行く物語でした。(3年生)

    
9幽霊晩餐会_convert_20131118112016

『幽霊晩餐会』 赤川次郎 著


 宇野警部と夕子がいろんな殺人事件にあって、
その事件の謎を解決していくのですが、予想外の
展開があり、目が離せませんでした。
 また、事件ごとに人間の汚れた心やその反面、
優しい心などを感じることができる作品だと思いました。(3年生)


4ニューヨークの魔法のことば_convert_20131118111859

『ニューヨークの魔法のことば』 岡田光世 著


 こんなにも自分はずっと英語の勉強をしてきたけれど、
色々な言葉が有り、すごく心に沁みました。
初対面の人でも仲良くなってしまうニューヨーカーに、
私は少し憧れを持ってしまいました。
日本語では表現出来ない事も、
外国ならではの言葉で表していて、
ニューヨークの世界に引き込まれました。
 日本語で言われると、イラっとしてしまう事も
英語で言うとなごやかになり、
これがニューヨークの魔法だなぁと感じました。
この本を読み、
ニューヨークが好きになりました。(3年生)


7こじれたふたり_convert_20131118111948

『こじれたふたり』 坂井希久子 著

 
 この本は、文庫本の新刊図書として展示されていました。
表紙の絵が印象的で、自分でも読めるかなぁと思い、
購入したのですが、予想以上に理解するのが難しく、
世の中には、いろいろな人たちがいるんだなぁと
考えさせられました。
大人になってから、また読んでみたいです。(3年生)


8くすぶれモテない系_convert_20131118112002

『くすぶれ!モテない系』 能町みね子 著


 女は恋愛経験だってゼロではない。
時には、彼氏やダンナがいることだってある。
でも、常にモテない事もある。
その時は、女子たちに同情し、憐みつつも励ましはせず、
いじくりまわらない方がいい。
 この本を読んで、別に女子やからって、
絶対的恋愛をしないといけないわけでもないと思いました。(1年生)
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR