副校長の読書散歩 #17

      
学校に寄贈された文庫本から

selected by 安積秀幸副校長先生

たて



「図書室だより」に、新聞に出ていた
「文春文庫50冊を寄贈します」の広告に
図書部員が応募して文春文庫を寄贈していただいたことが紹介されました。

私も仕事の合間に図書室を訪問するのですが、
その時に岩崎東里先生から、
寄贈された文春文庫も何冊か紹介されました。

今年出版社から寄贈された文春文庫と集英社文庫本の中から
岩崎先生に紹介された文庫本を読んでみました。
図書室から借りて、通勤の電車の中で読みました。

またまた時代小説ですが、その人情味あふれたあたたかさから
しばらく離れられそうにありません。






まんまこと    こいしり


まんまことシリーズ『まんまこと』『こいしり』
畠中 恵 著(文春文庫)



「まんまこと」とは漢字で書けば「真真事」。
畠中さんの「しゃばけ」シリーズは
病弱の若旦那が妖怪の助けで難事件を解決していく展開ですが、
同じような展開ながら
ここでは父親の町名主の代理として若旦那が解決していきます。

「よっ、憎いねぇ!」で始まる『まんまこと』の解説。
この解説を書かれた吉田伸子さんは、
巻末の解説が最後に読まれるということを考えられていません。
最初に読まれることを考えておられます。

『本人達にとっては大事ないざこざ』を、
どんなふうに畠中さんがこしらえたか、は実際に本書を読まれたい。

と書かれている。

一方、『こいしり』の解説は、
「優れた時代小説家は幻視者である」で始まる。
この解説で細谷正充さんは、

「だって時代小説は、自分が生まれる遥かな過去――
実際に見ることのできない風景や文物を描き出しているのだから。
江戸の匂いや息遣いが、文章の間から如実に伝わってくるのは、
書き手が優れた幻視者である証左であろう。」

と書かれている。なるほど、その通りと思ってしまう。

このシリーズは、本文の小説もさるものながら
解説が非常に面白かったというのが実感です。
あれこれと言うより、まず読んでみてください。
続編が刊行されているようですが、
はやく文庫本になることを期待しています。






諸刃の燕②

『諸刃の燕』
多田容子 著 (集英社文庫)



図書室で岩崎東里先生と話をしていて、
「この本は3年生の村岡香奈さんの推薦の本です。
主人公の生き方に共鳴していると言っていました。」
と紹介されました。

浪人生活をしていた主人公隼之介が
突然に書物学問奉行の跡取りとなります。
自分は何をしなければならないのかを悩みながらも、
人とは本来…と考えながら、慣習に流されずに自分の生き方で行動します。
いつも、「そもそも誰のために、何のために」と
根本に帰って考えて行動するのです。
当然、周りとの軋轢や命にかかわるような事態に見舞われますが、
周りの人たちのあたたかい支えに助けられます。

仕事をしているといろいろと悩むことがありますが、
「そもそも何のために、誰のために」という
根本的なところに帰って考えますと、
一見複雑に絡み合っていることも、案外簡単に方向を見出すことができます。
その考え方に共鳴しました。

11月19日の神戸新聞に
ある市長さんの退任インタビューが出ていました。
その記事の中に

「道路、橋を造るにも、何を造るという目標から入らず、
何のためかという理念を説くことを重視した。」

とありました。この市長さんには、今までも何かとお教えいただいたのですが、
長年教えていただいた言葉の端々から、
私もそのような考えを持つようになったのではと、
またまた教えていただいた気がします。




* 「副校長の読書散歩」とは?

図書部員が当選した「文春文庫50冊」のコーナー

図書部当選図書コーナー_convert_20131115142552

「図書だより 11月号」でもお伝えしたとおり、
文藝春秋の90周年記念事業として
全国の高校図書館を対象に行われた
「文春文庫50冊」のプレゼント企画に
本校の図書部員も応募し、見事、当選しました。

文藝春秋より贈っていただいた全50冊を、
カウンター前の特設コーナーに展示しています。
「50冊」は、文春文庫の目録から自由に選ぶことができるという
嬉しい仕組みだったため、
図書室に日頃寄せられるリクエストを参考に、
図書部員と一緒に選書を行いました。

さて、応募の条件は、
「文春文庫の中からベスト10を選び、
各作品の感想文を書くこと」でした。

応募の際、
本校図書部員が選んだ「10冊」をご紹介します。


 1 『容疑者Xの献身』 東野圭吾著 
 1容疑者Xの献身_convert_20131118111816

 2 『三匹のおっさん』 有川浩著
 2三匹のおっさん_convert_20131118111829

 3 『強運の持ち主』 瀬尾まいこ著
 3強運の持ち主_convert_20131118111845

 4 『ニューヨークの魔法のことば』 岡田光世著
 4ニューヨークの魔法のことば_convert_20131118111859

 5 『勝手にふるえてろ』 綿矢りさ著
 5勝手にふるえてろ_convert_20131118111918

 6 『プリンセス・トヨトミ』 万城目学著
 6プリンセス・トヨトミ_convert_20131118111932

 7 『こじれたふたり』 坂井希久子著
 7こじれたふたり_convert_20131118111948

 8 『くすぶれ!モテない系』 能町みね子著
 8くすぶれモテない系_convert_20131118112002

 9 『幽霊晩餐会』 赤川次郎著
 9幽霊晩餐会_convert_20131118112016

10 『使ってみたい武士の日本語』 野火迅著
 10武士の日本語_convert_20131118112034

50冊の新着文庫は、
応募のためにと上記のうち数冊を自分たちで購入し、
感想文作成に臨んだ
図書部員3年生がもたらしてくれた、嬉しいプレゼントです。

図書室で、ピカピカの文春文庫が待っています。

「播磨の100冊」の展示(学芸発表会レポート2)

播磨の100冊①_convert_20131114095823


11月1日・2日に行われた学芸発表会の
第2回目のレポートです。

1度目のレポート(図書部員によるブックトーク)はこちら。
(※別画面で表示します。)


本校では昨年、
教職員により組織している100周年構想委員会の
「読書の学校づくり」のメンバーが中心になって、
「流行にとらわれることのない
文学の楽しみを持った作品を生徒に」
というコンセプトのもとで、生徒に推薦する本を
「播磨の50冊」として選書しました。

そして今年、
「読書の学校づくり」メンバーは
各人がこれまでに読んで心に残った作品や、
生徒にぜひ薦めたいと考える作品のリストを持ち寄りました。
話し合いを何度も重ねながら新たに選書した50冊と
昨年の50冊を併せて誕生したのが、
「播磨の100冊」です。

今年の学芸発表会では、
この「播磨の100冊」を、図書部・読書部が協力して展示しました。

播磨の100冊②_convert_20131114095843

播磨の100冊③_convert_20131114095912

播磨の100冊④_convert_20131114095932


オリジナルのPOPの他に、背景となる壁には
作品名を書いた模造紙を貼り出しました。
図書部3年生が作成してくれたものです。

また、本のディスプレイは読書部の生徒が
担当しました。

学芸発表会が終わってから、図書室には、
「播磨の100冊」で展示していた本を読んでみたいと言って
目当ての作品を探しにくる生徒がいます。
100分の1のどれかひとつでも、
生徒の「読んでみたい」になれば
選書にあたった教職員にとってこれほど嬉しいことはありません。

副校長の読書散歩 #16

      
「心に残る一言」に出会った小説2冊

selected by 安積秀幸副校長先生


#16TOP


「人間到所有青山」という言葉があります。
私は、「人間到所有先輩」と思っています。
少し気心が知れた人には、よく「先輩」と声をかけます。
当然、読んだ本の著者、登場人物も諸先輩の一人です。

多くの本からいろいろな一言を教えていただきますが、
今回はそのような一言にであった小説を紹介します。






1.png


『ものがたり 史記』
陳舜臣 著(朝日文庫)



私の手元に「史記」に関する本が三冊あります。
一冊がこの『ものがたり 史記』です。
もう一冊は平凡社版中国の古典シリーズの『史記』です。
2.jpg


もう一冊は台湾の文化圖書公司で写真印刷された
『國學基本叢書 原版影印 史記』です。
3_201311161519366be.jpg


恩師米山徹先生から、学生時代に
京都百万遍近くの中国書籍の専門店で購入された話を伺い、
帰郷する際に京都に立ち寄り購入しました。
もちろん木版本をそのまま印刷したものですから、字も小さく、
読んでもよくわからず、平凡社の『史記』を購入しました。
上中下の三冊に分かれていますが、最後まで読んでいませんでした。

『ものがたり史記』は子どもの本棚の整理をしているときに見つけました。
子どもが「史記」に興味があったのかどうかわかりませんが、
今度会った時に聞いてみようと思っています。
早速、通勤電車の中で読んでみました。

またまた「あとがき」の話ですが、
「史記」は中国の二十五冊の正史の筆頭であると言われています。
歴史上の人物の表現の仕方から、著者陳舜臣氏は
「司馬遷」は優しい人と書いておられます。
明治以前の日本では、「史記」は教養人の必読書であり、
源氏物語にも「史記」が反映されていると書かれています。

「須磨帰り」にもいかなかった私は、
「史記」も持っていながらまともに読んでいません。
このあとがきの言葉にショックを受けています。

高校生の時に漢文で習った、股くぐり(※注)で有名な韓信や、
「臥薪嘗胆」などの話が次から次へと出てきます。
これを機会に「史記」に挑戦し、
「司馬遷」の、人の捉え方にも触れてみたいと思っています。

【注】
韓信とは、漢の天下統一に功績のあった名将。
若い頃、町のごろつきに喧嘩を売られたものの、大志を抱く身であったため争いを避けた。
股の下をくぐらされるという屈辱をあえて受けた韓信は、
その後 大成し、天下統一のために活躍した――という故事から。
将来に大望のある者は、目先のつまらないことで争ったりしないという戒め。





4.jpg


『越前 古窯の人 -水野九右衛門―』
上坂紀夫 著 ((株)福井県教科書供給書)



私の趣味のひとつは茶道です。
焼物にはもともと興味はあったのですが、
以前勤めていました豊岡の学校の同窓会である人に
「安積さん、但馬には出石焼という素晴らしい焼物がある。
せっかく但馬に来たんだから出石焼の勉強をしませんか。
一つを徹底的に勉強すれば、おのずと他の物もわかってくる。」
と声をかけられました。

出石焼と言えば白磁の器しか知らなかった私に
いろいろと教えてくださいました。
この本はその焼物の師匠からお借りしたものです。

今では日本の六古窯の一つに数えられている越前焼ですが、
その研究に一生をささげた人、水野九右衛門の伝記小説です。
著者は長く水野さんと交友のあった人で、
「伝記小説は、事実と虚構のかねあいがむずかしい。」
とあとがきに書かれています。

お借りした本は、著者から謹呈されたもので、
サインも書かれています。
著者から謹呈された理由。
それは私の焼物の師匠が登場されるからです。
今や重要文化財になっている表紙の甕を発見し、
越前焼を研究されている水野さんに
その甕の購入をすすめられたと書かれている方です。

5_201311161542336b5.jpg 6_20131116154348ba1.jpg
[越前自然釉壷](鎌倉時代)
出典:http://event.rakuten.co.jp/area/fukui/tieup/20100201.html
本書の裏表紙には、甕に書かれている文字を拓本でとったものが掲載されている


ほんとうは水野さんから
「見せて欲しい。」という依頼があり、
お伺いされたとのことです。
その時に価格の話も出たようで、
本に書かれている価格より高かったそうです。
このあたりが、「事実と虚構のかねあい」なんでしょうか。

稼業も何もかもそっちのけで、
陶片等の越前焼収集、窯跡の発掘、
その活動を支えられた人々の
あたたかいふれあいがにじみ出ています。

よく、これだけ長く一生懸命に
研究を続けられたと感心するとともに、
家族の理解がすばらしいと感じます。

この本をお借りした焼物の師匠の
「一つを徹底的に勉強すれば、おのずと他の物もわかってくる。」
という言葉をしみじみと感じた一冊です。




* 「副校長の読書散歩」とは?

図書部員によるブックトーク(学芸発表会レポート1)

1_ウェルカムボード_convert_20131108101824


11月1日・2日は、本校の学芸発表会でした。

両日中に行った、「図書」にまつわる企画・展示の模様を
2度にわたってお伝えします。
今回は、図書室からのレポートです。

図書室では今年、
図書部員によるブックトーク*を行いました。

2日の土曜日は、学校見学会も兼ねて訪れてくれた中学生の皆さんに
本校の姉妹校について知ってもらいたいという思いで、
タイ王国・ポーランド共和国・インドネシア共和国の
本を取り上げました。

ブックトークを行う際、
紹介者は、本の内容はもちろん、それに対する自分の考えや
作者の思いを感じることが大切になります。

普段から本に親しんでいる図書部員たちですが、
そうした土台のうえでブックトークを展開するのは
なかなか簡単なことではなく、
最初は思うように進めることができませんでした。

そこでヒントになったのが、「介護のブックトーク」です。
「介護のブックトーク」は、
利用者の方たちに楽しんでもらうことを一番に考えた
参加型のプログラムを特徴としています。

昨年、私は本校の系列校であるハーベスト医療福祉専門学校の
介護福祉学科で行われた研修に参加しました。
そこで、歌や手遊び、クイズなどを通じて、
利用者の方々との交流を楽しむ新しいかたちのブックトークを
体験しました。

図書部員には、そのときの経験を伝えました。
そうして実現したのが、
各国の国旗や文化に関するクイズを交えたブックトークです。

開始直後は、後ろの方で見ながら
ハラハラドキドキ……。
一生懸命紹介している生徒たちの姿に、
「その調子だよ。頑張って!」と思わず心の中でエールを送っていました。

中学生との交流を楽しんでいる様子が印象に残る
かけがえのないブックトークになったと感じています。
また、終わったあとの「楽しかった」という図書部員の言葉は、
私にとっても何より嬉しいものでした。

今回のブックトークで紹介した図書。各国のガイドブックのほか、彼の地が生んだ偉人の足跡を伝える本も。
2_ブックトークで紹介した図書_convert_20131108101845

国土や文化、国旗など、入念に下調べして作成したクイズを、笑顔で出題! 緊張はどこへやら……
talk_20131111200845.jpg タイ_convert_20131110152742
ポーランド 201311101536127f4_20131111201028758.png

発表の主体になった図書部3年生には、
図書室の案内役も務めてもらいました。
観光コースで「おもてなし」の心を学んできた
彼女たちの行動力が、
準備期間から当日まで、あらゆる場面で発揮されました。


四季折々のテーマで、
いつも図書室の一隅を賑わせてくれている
手芸部の作品展示も行いました。

魅力あふれる作品が勢ぞろい!
どの作品も魅力いっぱいです!_convert_20131105152829

次回は、展示会場に出展した「播磨の100冊」について
レポートします。

*ブックトークとは (2012/6/18掲載「読書ガイダンス(普通科1年1組)」 脚注より再掲)
  ブックトーク(Book talk)は、本を紹介することで
  「読んでみたい!」という気持ちにさせる取り組みのことをいいます。
  あらすじを伝えるのではなく、
  「面白さを伝える」「読むことへと背中を押す」ことをめざすもので、
  各地の図書館で、図書館司書・民間の図書ボランティアの人々によって行われています。

「図書だより 11月号」

※画像をクリックすると、別画面にて表示されます。
  ズームアップしてご覧ください。


図書だより11月号

図書だより11月号です。

今号で紹介しているのは、
先日、本校の図書室にお越しくださった
兵庫教育大学教職大学院客員教授である
廣岡 徹氏の著書『ひょうご文学散歩』です。

また、文藝春秋の90周年企画で本校図書部が当選した
「文春文庫50冊」の中から、3冊を取り上げています。

ぜひ、図書室で手にとってもらいたいと思います。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR