副校長の読書散歩 #13

     
白川静さんの3冊

selected by 安積秀幸副校長先生


1.jpg


本を読んでいますと、ある1冊がきっかけになって
次々と関連のある本を読むことになることがよくあります。

今回紹介するのも、そのパターンでした。
最初は、恩師米山徹先生からいただいた平凡社新書『白川静』でした。
次に岩波新書の『漢字』。
続いて平凡社ライブラリーの『漢字の世界1』と『漢字の世界2』です。

第9回で紹介しました『中国の妖怪』も、
読むことになったきっかけは「虹」という漢字でした。
その漢字の研究に生涯をかけて続けてこられた白川先生。
漢字の世界だけでなく、その生きざまに
多くのことを教えていただきました。

日曜日の神戸新聞に漢字の話が掲載されていますが、
漢字と言えば白川静さんです。
大学時代に白川静さんの教えを受けられた友人からは、
時々白川静さんのエピソードなどもお聞きしました。

この本をきっかけに、白川静さんの教えを受けた友人から
「説文解字」も永久貸与してもらっています。
米山先生は漢字のことにも独特のアプローチをしておられます。
米山先生から、
「白川静さんの『字統』『字訓』『字通』はもとより、
漢和辞典は『漢辞海』がおもしろい。」
と教えていただき、その後は私も『漢辞海』を愛用しています。





白川1


『白川静 漢字の世界観』 
松岡正剛 著(平凡社新書)



この本のあとがきは、「豆腐とニガリ」です。
なかなか面白いタイトルではありませんか。

内藤湖南の、
「日本にとっての中国の文化は豆腐のニガリのようなものだ」
という言葉からとられています。

白川静さんの生い立ちから白川先生の考え方まで
巧みな展開で書かれています。

白川静さんに関する本を読んでいますと、
「先生は偉いが異端の学者」という言葉がよく出てきます。

事実に基づく評価ではなく、
妙なフィルターをかけて評価することは
いつまで続くのでしょう。

大学生のころに、趣味としている茶道の研究会が
定期的に京都で開催されていました。
その会には、今や多くの著書を書かれている大家も参加されていました。
私も参加させていただいていましたが、
同じような雰囲気と腹の探り合いを感じ、
足が遠のいてしまいました。
学閥等にとらわれず、異なった考えや思いを
積極的に聞こうということは、それほど難しいことでしょうか。
自分と同じ考えの人はいない。それぞれ違っている。
違っていて当たり前なんですから。





白川2


『漢字――生い立ちとその背景』
白川 静 著(岩波新書)



先に紹介した松岡正剛さんの『白川静』のなかで、
世界的なビデオ・アーティストのナム・ジュン・パイクさん、
グラフィックデザイナーの杉浦康平さんとの対話で
白川静著『漢字』は素晴らしいということを書いておられます。

この一文を読んでいて、「次は必ず」と思っていた本でした。
この本は文化論です。
読み終わってからそのように感じました。

ヒエログリフをはじめとして
世界中に象形文字は多くありますが、
現在まで残っている象形文字である漢字について、
もっと知りたいという思いになりました。

松岡正剛さんがあとがきで書かれた
日本文化を豆腐として固めるもととなった
中国文化のニガリの役割を実感できる本ではないでしょうか。
松岡正剛さんの文と違って、読んでいて硬い感じがしますが、
白川さんの人柄や思いが
いっぱいに詰まった一冊ではないでしょうか。




白川3       白川4


『漢字の世界1・2 中国文化の原点』 
白川 静 著(平凡社ライブラリー)



この本も、『白川静』→『漢字』の流れについて
米山先生に話をした時に紹介されました。

早速、米山先生に「この本をください。」とおねだりをしたのですが、
「まだ、当分だめだな。」とあっさり断られました。
仕方なく書店で購入しました。
白川静著『漢字』を読んだことから、
漢字をもっと知りたいとの思いがふくらんで読み始めました。

この本には、それぞれ漢字の成り立ち等が説明されていますが、
その漢字の並べ方については、
なぜこのような順になっているのかよくわかりません。
まだまだ読みこなせていないのが現実です。

そのことを考えていると、この2冊の『漢字の世界』には
検索用の出字一覧が記載されていなことに気がつきました。
時々、「この漢字の成り立ちは?」と思った時に
最初から見ていくことも何回かありました。
自分なりのインデックスを作りたいと思っています。
それほど時間はかからないのではと思っています。


* 「副校長の読書散歩」とは?

「読書の秋」へのいざない

5月に姉妹校提携を結んだ
インドネシア共和国のタラカニタ第1高等学校より、
もうすぐ18名の生徒の皆さんと2名の先生方が来校されます。

滞在中のプログラムでは、図書室見学も予定されているため、
図書室の雰囲気を楽しんでもらえるように
歓迎の気持ちを込めたディスプレイを準備中です。

「ようこそ」の気持ちを伝えるために、覚えておきたいあいさつの言葉。
図書部の3年生が作ってくれました。

図書部より インドネシア共和国の「あいさつ」_convert_20130910120234


今月の図書だよりでもご紹介しましたが、
本校の生徒に向けて、
インドネシア共和国とブータン王国の本を
集めたコーナーを設けました。
ブータン王国の高校とは、スカイプを活用した
コミュニケーションの機会を持っています。

両国との交流をさらに深めるきっかけとして、
図書室を活用してもらいたいと思っています。

インドネシア共和国とブータン王国の展示など+001_convert_20130910120340


また、タラカニタ校からの来訪に合わせ、
図書室では「読書の秋」が幕を開けています。
一足早く秋の雰囲気を感じられる本を集めてみました。

「読書の秋」コーナー
読書の秋+(3)_convert_20130909143759

「お月見」は、秋を味わう日本ならではの行事です
秋を感じる1冊_convert_20130909144229

月にまつわる外国の物語はいかがでしょう
読書の秋+(6)_convert_20130909143705

栗、さつまいも、焼きリンゴ……「秋」がつまったスイーツのレシピブック
秋のスイーツ+☆_convert_20130910120318


手芸部の作品のテーマは、「実りの秋」。
暑さが和らぐと、進むのは読書だけではありませんよね。
目にも楽しいお弁当のビジュアルブックを一緒にディスプレイしています。

森のごちそうがたくさん!
手芸部の作品 実りの秋_convert_20130909142758


10月には、ポーランド共和国の
ナザレ校からの来訪が予定されています。
より秋を深める展示内容として、
「読書の秋」パート2を考えています。

「図書だより 9月号」

※画像をクリックすると、拡大表示でご覧になれます。



2学期が始まりました。
図書だより9月号です。

図書室の様子は、近日追ってご紹介します。

副校長の読書散歩 #12

       
第32回全国高校生読書体験コンクール受賞作品からの2冊

selected by 安積秀幸副校長先生



図1


6月12日に本校で開催された「高校生のための文化講演会」に先だって、
「読書への招待2013」という小冊子が
教員及び生徒全員の冊数で送られてきました。

全国の高校生の読書体験の受賞作が紹介されていますが、
体験談を読んで興味を持った2冊を読みました。

この冊子には、「読書感想文」ではなく「読書体験」と書かれています。
大賛成です。私は本を読むことは好きなのですが、
いつも学校から宿題として出される「読書感想文」を書くことは大嫌いでした。

小学校低学年の時だったと思いますが、
初めて読書感想文を書く宿題が出されて、
何もわからず、あらすじを書いて提出したところ、
先生から「あなたの書いたのは読書感想文ではありません。」と叱られたからです。

今ならわかるのですが、その時は「読書感想文とは?」と悩みました。
(しかし、懲りずに宿題にはあらすじを書き続けていましたが……。)

いま、このような私の読書体験を書く機会を与えていただき、
本当に楽しみながら書かせてもらっています。






49日のレシピ


『四十九日のレシピ』 
伊吹有喜 著(ポプラ社)



この本を選んだきっかけは、書かれた体験談が
兵庫県の高校生のものだったことです。
全国高等学校長協会賞を受賞された
「母との再会-乙母(おっか)さんへのメッセージ-」です。

前回、本を「あとがき」から読むことを書きましたが、
この読書体験記が、「四十九日のレシピ」のすばらしいあとがきであり、
また、まえがきのような気がしました。

この本を読み始める前に、
是非「母との再会-乙母(おっか)さんへのメッセージ-」を
読んでいただきたいと思います。
母を亡くした娘、妻を亡くした夫の心の通い合い。

『四十九日のレシピ』には思いもよらない人物の登場があり、
話の展開に唖然としてしまうところがあります。
しかし、帯に書かれた
「家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語」を
体験いたしました。
家に帰って妻とこの話をし、元気でいてくれていることに感謝しました。





451.jpg


『華氏451度』
レイ・ブラッドベリ 著
宇野利泰 訳(ハヤカワ文庫)



この本を読んでいるときに、
神戸の海文堂書店が店をたたむということが新聞に載りました。
あとがきは、「出版不況と『華氏451度』」というタイトルです。
2つを直結させるような捉え方はあまり好きではありません。
本を不要と考えられている社会背景を嘆くことは
わからないでもないのですが……。

この本は、本を焼く焚書官の話です。
本が不要と考えている人たちの考え方は、
「人間の思考なんて、出版業界、映画界、放送業界――
そんな社会のあやつる手のまんまにふりまわされる。
不必要なもの、時間つぶしの存在は、
遠心力ではねとばされてしまうのが運命なんだ!」
と書かれています。

一方で、その考えに反対の行動に出る一人の元教授は、
「第一に大切なのは、われわれの知識が、ものの本質をつかむこと。
第二には、それを消化するだけの閑暇をもつこと。
第三には、最初の両者の相互作用から学びとったものに基礎をおいて、
正しい行動に出ることにある。」と言います。

私はこの二つの言葉から、
「それを消化するだけの閑暇をもつこと」
が本当に大切だと感じています。
もっとも「閑暇をもつこと」は
生活の中の行動と行動の区切り目にできる
ほんの短い時間でもできると、
私は思っています。

しかし、主人公モンターグの上官は、
本を読むことの大切さに目覚めたモンターグに
いろいろな本に書かれた文を引用して反論するのですが、
上官は本当に本をよく読んでいますよね? ……?

*全国高校生読書体験記コンクールの入賞作品は、
「一ツ橋文芸教育振興会の読書推進活動」
というインターネットのページから読むことができます。




* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR