副校長の読書散歩 #7

     「温故知新」の意味を知る2冊

         selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_0755


本校は教育における「不易流行」の「不易」として、
「教養」を重視して「形から入って心を育てる」ことを
大切にしています。

本校が守り続け、推進してきたもの、
日本人が古くから培ってきた素晴らしいものが
忘れ去られようとしています。

我々日本人が大切にしてきたものでありながら、
忘れ去られているものが数多くあります。
そのことに視点を当てた本を紹介します。




IMG_7449


『日本人の忘れもの』 
京都新聞社・編(京都新聞出版センター)



この本は、平成25年3月24日の神戸新聞で紹介されていました。
サブタイトルに「京都、こころ ここに」とあります。

「一期一会のこころ」「人を信じる」「お先にどうぞ」
「思いやり」「恥を知る心」など、
伝統的な日本文化に深くかかわってこられた方々が
それぞれの視点で書かれています。
まさに本校が大切にしてきた様々なことが、
いかに大切かを実感させられました。

一人一人のお話の間に、
「リレーメッセージ」として、
多くの女性が書かれた1ページがあります。
書かれた方々の顔写真とページの右下に、
色彩感覚豊かな日本人が大切にしてきたさまざまな色が
四角で印刷されています。
その色が何という名前なのか、
調べてみるのもおもしろいと思います。

次に紹介します鷲田清一さんのお話も掲載されており、
なかなか興味深い本です。





IMG_7500


鷲田清一 著 (角川選書)


この本には一体何回
「待つ」という言葉が出てくるのだろう
と考え込んでしまうくらい
何回も何回も「待つ」という言葉が出てきます。
「待たなくてよい社会になった。
 待つことができない社会になった。」

続いて
「待ち遠しくて、待ちかまえ、待ち伏せて、待ちあぐねて、
とうとう待ちぼうけ。待ちこがれ、待ちわびて、待ちかね、
待ちきれなくて、待ちくたびれ、待ち明かして、ついに待ちぼうけ。
待てど暮らせど、待ち人来たらず・・・・。」
と書かれたまえがきを読み始めて、
一体「待つ」ということにかかわる言葉は
どれくらいあるのかと思うとともに
「待つ」ことのじれったさに思わず共感してしまいました。

「走れメロス」で扱われた「待つ」ことなど
いろいろな「待つ」が紹介され、
「待つこと」の気持ちの揺れが感じられます。
インターネット、携帯電話などに追いかけられている毎日。

この本を読んで「待つ」ことをもう一度考えてみませんか。

この本も、以前に紹介した鳥取のYさんに紹介いただいた本です。
鷲田清一さんの文章を初めて読んだのは、
平成20年1月6日の新聞で、
内田樹さんとの対談が最初だったように思います。
今も3か月に1回「汀にて」という随想を新聞に書かれています。
わかりやすく、私とは違った視点で物事を見ておられ、
次の掲載を楽しみにしています。



* 「副校長の読書散歩」とは?

五月の図書室

新入生を迎えて早くも一カ月が経ちました。

図書室内のディスプレイは、
新しい月の訪れに合わせて変化しています。

季節の展示のテーマは、「端午の節句」です。

手芸部の生徒による作品 (くまちゃんの傍らのアイテムに注目です)
DSCN0287_convert_20130430111102.jpg

モビ―ルは “立体うろこ” のこいのぼり
DSCN0252_convert_20130430111046.jpg

また、4月26日からのケーマ・シリ校からの留学生来校によせて、
「タイ王国コーナー」を開設しているほか、
有川浩さん(先日映画化作品が公開になった「図書館戦争」シリーズ著者)
の特集コーナーなど、
さまざまな特別コーナーを展開中です。

その模様は、追ってご紹介してまいります。

ケーマ・シリ校留学生来校によせて

4月26日より、
姉妹校であるタイ王国のケーマ・シリ・メモリアルスクールの
留学生が本校を訪れていました。

ケーマ・シリ校の留学生をはじめ、理事長先生、
また同校で日本語を教えていらっしゃる先生など、
10名の方々をお迎えしました。
歓迎セレモニーでは、
留学生の方々は日本語で自己紹介してくださいました。

5月2日までの滞在期間中、
留学生は本校生徒宅にホームスティしていました。

図書室では、
生徒のみなさんにタイ王国へ興味を持ってもらい、
ケーマ・シリ校と本校との
交流を深めるきっかけになればという思いから、
タイ王国に関するさまざまな切り口の本を揃えています。

今回のケーマ・シリ校からのご来校に合わせ、
「タイ王国コーナー」を開設しました。
DSCN0283_convert_20130430110942.jpg

本と一緒に、タイ王国の基本のあいさつや
遺跡について紹介しています。

DSCN0284_convert_20130430111001.jpg



「タイ王国」に近づくための本

『ゼロから話せるタイ語』(CD付) 平野 寿美子
1_ゼロから話せるタイ語

『旅の指さし会話帳(1) タイ』 加川 博之
2_旅の指さし会話帳

『体験取材! 世界の国ぐに19 タイ』 渡辺 一夫
3_体験取材_世界の国々

『物語 タイの歴史』 柿崎 一郎
4_物語タイの歴史

『るるぶ タイ・バンコク』 るるぶ情報版海外
5_るるぶタイバンコク

『本場の味レシピ タイの街角ごはん』 オルタネイティヴ・リサーチ
6_本場の味レシピタイの街角ごはん

『アジア雑貨を買いに行く』 コロナブックス編集部
7_アジア雑貨を買いに行く

『タイで働く (海外へ飛び出す(1))』 佐倉弥生・吉田隆
8_タイで働く



いずれも、図書室で貸出し可能です。

「言葉」「食」「社会」など、自分が気になるテーマから
タイ王国を知る一歩目にしてもらえたらと思います。

かけはし 2013年春号

*以下の画像は保存して、A4サイズで印刷することができます。


org_img328_convert_20130501163747.jpg


本校では、地域の皆様・保護者の方々との
コミュニケーションツールとして
広報誌『かけはし』を定期的に発行しています。

4月に発行した『かけはし 2013年春号』で
「読書の学校」の取り組みが取り上げられました。

img329_convert_20130501165348.jpg
img330_convert_20130501165404.jpg
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR