副校長の読書散歩 #6

           司馬遼太郎さんの2冊

           selected by 安積秀幸副校長先生


   無題
 
司馬遼太郎さんの書かれた本を読まれた方も多いと思います。
以前から司馬遼太郎さんの本は何冊か読んでいたのですが、
司馬遼太郎さんの本のおもしろさや楽しさを教えてくださったのは
鳥取市に住んでおられるYさんです。

Yさんは、私が豊岡の高等学校に赴任した時の事務長さんです。
非常に気が合い、Yさんには司馬遼太郎さんだけでなく、
写真家の井上博道さん、内田樹さん、鷲田清一さんなど
多くの方々の著書を教えていただきました。

先日も、わざわざ鳥取から
たくさんの資料を抱えて来てくださり、
まさに「有朋自遠方来 不亦楽乎」の
楽しいひと時を過ごすことができました。

※「有朋自遠方来 不亦楽乎」
論語の一節。「遠くから学友が会いにやって来てくれる、なんと嬉しいことか」の意。


司馬遼太郎さん(1923-1996)
大阪市生まれの作家。1960年、『梟の城』で直木賞受賞。
以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表し、多くの賞を受賞。
代表作は『竜馬がゆく』『国盗り物語』『燃えよ剣』『坂の上の雲』など。
“司馬史観”とよばれる、自在で明晰な歴史の見方が
絶大な人気を集めている。
*参考:新潮社HP





二十一世紀に生きる君たちへ【リサイズ】


『二十一世紀に生きる君たちへ』  司馬遼太郎


「二十一世紀に生きる君たちへ」は
小学校の教科書で習った方もあるでしょう。

この本には、司馬遼太郎さんが書かれた
「二十一世紀に生きる君たちへ」の原稿が
そのまま写真印刷されています。

推敲に推敲を重ねた原稿を拝見すると、
この「二十一世紀に生きる君たちへ」を書かれたときの
思いやエネルギーがひたひたと伝わってきます。

司馬遼太郎さんは、
「長編小説を書くほどのエネルギーがいりました」と
話されていたそうです。

本には濃い紺色の地に白抜きで
「司馬遼太郎記念館」と書かれているだけのカバーがかかっていました。
「二十一世紀に生きる君たちへ」のほかにも、
「人間の荘厳さ」「洪庵のたいまつ」が収録されています。
ブックカバーも、本も、文も大変興味深い本です。





故郷忘れじがたく候

『故郷忘じがたく候』 司馬遼太郎


この本は十四代沈壽官氏の小説です。
沈壽官氏の祖先の
「故郷忘じがたく候」と言われた気持ちを
見事に描かれています。

この本を購入したきっかけは、
薩摩焼窯元十五代の沈壽官氏の講演録を読んだことでした。
講演をされた沈壽官氏は、
1598年豊臣秀吉の朝鮮出兵(慶長の役)の際に
薩摩藩が連れ帰った陶工の十五代窯元です。

日本と韓国で受けた差別で悩まれたこと、
司馬遼太郎さんに手紙で悩みを打ち明けられたこと、
司馬遼太郎さんからの返事のこと。

その講演録を読み、沈壽官氏の生きざまに
強く心を打たれました。

------------------------------------------
講演録から、
司馬遼太郎さんに手紙を書かれるに至った概要を
紹介します。

初代・沈壽官氏は、400年以上前に、
今の韓国から鹿児島に渡ってきました。
沈さんはそこから数えて十五代目の窯元で、
39歳の時にお父さんの後を継がれました。

紹介した『故郷忘じがたく侯』は、
このお父さんを主人公にした小説です。

小説が発売された時に、地元の人たちから
「小説のおかげで朝鮮の歴史を持つ村だということが
 明らかになってしまったじゃないか!」という
強いバッシングがあったそうです。

青年時代の沈さんは、自らのなかにある
「韓国」と「日本」のアイデンティティを
持て余したことがあるといいます。

沈さんはこのことを
司馬遼太郎さん宛ての手紙に書かれたそうです。

次の引用は、その手紙へのお返事です。

「韓国、中国人の心が分かる。
 同時に強く日本人であるということです。
 強く日本人でなければ心理学上はアイデンティティが消えて
 変な人間になります。
 あなたの父君はトランスナショナルな人です。
 面はゆいですが、小生も年少のころから
 そう心掛けて、
 自らを一個の人類に仕上げたつもりです。
 あなたの父君が愛国者無論であるのと同じように、
 小生もそのつもりです。
 真の愛国はトランスネーションの中に生まれます。
 あなたもそのようなおつもりでおられると楽で、
 しかもものをつくる心構えに
 相応しい形になります」


* 「副校長の読書散歩」とは?

副校長の読書散歩 #5

    ノーベル賞を受賞された朝永振一郎先生

           selected by 安積秀幸副校長先生

朝永振一郎先生

朝永振一郎先生は、1965年に
「素粒子物理学に根本的な結果をもたらした、
量子電気力学の分野における基礎的研究」
に対してノーベル賞を受賞されました。

私は、大学生の時に朝永先生の集中講義「量子力学の曙」をお聞きしました。

私の大学時代の恩師が朝永先生の教えを受けられていたご縁で、
集中講義が実現したとのことです。
その時の録音を10年ほど前に恩師にダビングしていただき、
CDにして時々聞いています。

朝永先生の顔写真は、
雑誌「考える人」2009年夏号「日本の科学者100人100冊」
の表紙となっています。

朝永先生の著作については
「ふかふかの絨毯の上を素足で歩くような心地よい文章」
と竹内薫さんが書いておられます。

「物理は嫌い、わからない」と言われる方も多いと思いますが、
著名な物理学者の、堅苦しさのない、
物理とちょっと離れた話と出会える2冊を紹介します。





量子力学と私



『量子力学と私』(岩波文庫) 朝永 振一郎


この本は1997年岩波文庫創刊70周年記念として刊行されました。

書名からして読みたくないと言われる方が
ほとんどではないかと思いますが、
是非読んでいただきたいのは収録されている滞独日記(抄)です。
朝永先生がドイツに留学されていた時の日記なのです。

湯川秀樹先生と同級生であった朝永先生は、
次々と成果をあげておられる湯川先生や友人の論文を見るにつけ、
ご自身の研究が遅々として進まず、外国の文化にもなじめず
悶々と悩んでおられる苦悩の日々を綴られています。

私たちからすれば天才と思われる人ですが、
私たちと同じように悩み苦しむ人間朝永振一郎に触れることができます。

滞独日記のほかにも「鏡のなかの世界」や
ノーベル賞受賞講演が英文でもおさめられています。

書名に恐れをなさず、読んでいただけたらと思います。





物理学_上物理学_下



『物理学とは何だろうか 上・下』(岩波新書) 朝永 振一郎


私は大学生のころ、岩波新書1日1冊の目標を掲げました。
大変でした。

なぜこのような目標を立てたのかと
後悔をしながらも1か月あまり続きました。
その時に読んだ本です。

物理というより科学史という感じの読み物です。
時々「物理学生への注」が入り、
物理学を志す者へのご配慮もうかがえます。

皆さんがそれぞれ違った視点で、わからないところは読み飛ばして、
朝永先生の文章を楽しんでいただけたらと思います。



* 「副校長の読書散歩」とは?

図書室も春の色


図書室は、新学期に向けて模様替えをしながら
春の色をまとっています。


DSCN0203_convert_20130326204640.jpg

副校長先生「読書散歩」に続いて、
新コーナーがオープンしました。
生徒の作品を展示するスペースです。

第一号となる展示は、
手芸部の生徒によるねずみのおひなさま。
(桃の節句から、掲載時期が少しずれてしまいました)


DSCN0205_convert_20130326204717.jpg

それからもう一組、木彫りのひなかざりも飾っています。


DSCN0213_convert_20130326204733.jpg

DSCN0207_convert_20130326204806.jpg DSCN0214_convert_20130326204820.jpg

窓辺のモビールのテーマは
「イースターエッグ」そして「みつばち」です。
たまごがイースター(復活祭)*のシンボルというのは割と
よく知られていますが、実はうさぎもそうなのです。
たまごは図書部の二年生が、みつばちは図書部の一年生が作ってくれました。
うさぎは私の担当です。
みつばちの近くには、桜のジェルのアクセントを!


「春」はもちろんおすすめ本のコーナーにもやって来ています。
テーマは、「手作りのお弁当を持って出かけよう」。
お弁当の本や、私の大好きな著者の「料理」に関する作品を集めました。

DSCN0209_convert_20130326204836.jpg

山本さんお弁当_convert_20130326204620

山本ふみこさんの『山本さんちの毎日の手紙のようなお弁当』は
最近仲間入りした新着図書です。

新学期の訪れが待ち遠しい、図書室です。


*イースター:
 キリスト教のお祭りの一つで、
 宗派により異なるものの、「春分の次の満月が出た週」
 の日曜に当たることが多いようです。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR