副校長の読書散歩 #1

         「伝える」ための3冊
      先生方、生徒の皆さんに読んでいただきたい本

         selected by 安積秀幸副校長先生

IMG_0887

               
近頃、「表現力」という言葉をよく耳にします。
高等学校学習指導要領にも
「表現力の育成」という言葉がいたるところに出てきています。

自分の考えていることを、
いかに正しく相手に伝えるかを
新たな視点で教えてもらえる新書を3冊紹介いたします。




人を動かす!話す技術

『人を動かす! 話す技術』 杉田 敏


10年以上前に日経産業新聞で紹介され、
すぐに購入して読んだ本です。
コミュニケーションの最終目的等、
なるほどと感心させられることが多い本です。

「人を動かす」とは
「自分の考えていることを
相手に理解していただき、行動してもらう」ことです。
研修会で話をする機会があればよく紹介をしました。

何冊か購入して、一緒に仕事をさせていただいた方に差し上げて、
今、手元には一冊だけ残っています。
これから面接を受けることになる生徒の皆さん、
授業など話をする機会の多い先生方も読んでみてください。



その日本語、通じていますか

『その日本語、通じていますか?』 柴田 武


この本も10年以上前に日経産業新聞で紹介されたものです。

「とかく日本人の話は何を言いたいのかよくわからない。
長い話を聞いた後、『結局何が言いたいの?結論は何?』と思ってしまう」
ことから始まります。

私たちは話をするとき、文を書くときには「起承転結」と習ってきました。
それでは国際的には通用しない。
人にわかってもらうにはどのようにするのがいいのかを考えさせられます。

この本も、研修会などでよく紹介しました。
この本を読んでから、何が言いたいのかわからない話に、
イライラしている自分を発見することがあります。



日本語を反省してみませんか

『日本語を反省してみませんか』 金田一春彦


この本は、親友からいただいたうちの一冊です。
親友からはこの本の一節にある
「世界で一番植物の名が多い国」を読んでみたらと薦められました。

以前から「全然おかしい」というような表現はおかしいと思っていたところ、
全く同感と感じた興味深い一冊です。

学校の図書室にも置いてあります。
是非、読んでみてください。


* 「副校長の読書散歩」とは?

「副校長の読書散歩」

新しいコーナーが始まります。

「この本は本当に良くて……あ、こっちも」

本といえば、安積秀幸副校長先生。話し出したら止まりません。
奥さま曰く「本で家がつぶれてしまいそう」なほどの読書家なのだそうです。

そんな副校長先生が、
「皆さんにも読んでもらいたい」と考えている一冊を
紹介文とともにお届けするのが、このコーナーです。

紹介するのは本の内容だけではなくて、
副校長先生の本との“付き合い方”。
ある本と出会ったきっかけや、思わずうなってしまった一文、
物の見方を変えた一冊 ――などが綴られていきます。

副校長先生の血となり肉となった本の中から、
生徒たち、先生たちを思い浮かべて厳選された数々の一冊。
本校みんなのための、本棚です。

テーブルマナー学習を前に#selected by 教養科

tabekata.png tifany.png
furumai.jpg kuru-zu.jpg 978-4-04-867287-0.jpg


テーブルマナー学習を前に #selected by 教養科

『食べ方のマナーとコツ』  渡邊 忠司
『ティファニーのテーブルマナー』   W.ホービング(訳:後藤 鎰夫 )
『日本人のふるまい』  小笠原 敬承斎
『クルーズで学んだマナーとホスピタリティー』  伊東梛子
『「いただきます」を忘れた日本人』  小倉 朋子



3年生のテーブルマナー学習を前に、
教養科の先生が5冊をセレクトしました。


* 先生の1冊とは?

豊かになるためのマナー

DSCN0117_convert_20130116140138.jpg

本校には、3年生だけを対象にした1月の恒例行事
「テーブルマナー学習」があります。

例年この日は、
3年生全員で姫路市内のホテルに出かけ、

真っ白なテーブルクロスの上に
銀のフォークとナイフ
そして目の前には繊細に盛りつけられた前菜が――

こんなとっておきのシチュエーションで
テーブルマナーの実地練習が
幕を開けます。

本校で、3年生だけがこの行事に参加できるのには
理由があります。
兵庫県播磨高等学校の大きな特色の一つとなっている
「教養」の授業。
その時間に積み重ねてきた学びの集大成として、
「テーブルマナー学習」があるからです。

茶道に代表される、
日本が独自に育んできた作法や、

社会人になると求められる、
公の場における立ち居振る舞い、

そしてまわりの人と自分自身の人生を豊かにするために、
振る舞う術を知り、心を通わせることを
生徒たちは3年間を通して学んでいます。


さて、図書室にはいま、
テーブルマナーのおさらいに最適な本を集めた
特設コーナーがあります。
全て、教養の先生によるセレクト!
3年生のみなさんには、
最初で最後の、大切な1日の前に、ぜひのぞいてもらいたいコーナーです。

もちろん、「復習」も大歓迎です。

tabekata.png tifany.png
furumai.jpg kuru-zu.jpg 978-4-04-867287-0.jpg



・『食べ方のマナーとコツ』  渡邊 忠司
・『ティファニーのテーブルマナー』   W.ホービング(訳:後藤 鎰夫 )
・『日本人のふるまい』  小笠原 敬承斎
・『クルーズで学んだマナーとホスピタリティー』  伊東梛子
・『「いただきます」を忘れた日本人』  小倉 朋子

新年の図書室から

0103_convert_20130110114310.jpg

DSCN0113_convert_20130110124916.jpg


冬休みが明け、1月8日から新学期が始まりました。
新年の訪れに合わせ、図書室の装いも新たになっています。

入り口のお正月飾りや、窓辺に揺れるモビールが
手作りのぬくもりとともに「日本のお正月」を醸し出しています。

お正月飾りを彩っているのは、
岩崎先生の自宅の庭になっていた
南天(ナンテン)と金柑(キンカン)の実です。
赤い実をつける南天は、「難を転じて福となす」縁起木ともいわれています。


DSCN0120_convert_20130110114426.jpg


2013年最初のおすすめ本のコーナーは、
映画化された作品が上映中の『レ・ミゼラブル』や
今月発行の学園報で取り上げた4冊の本が中心です。

受験や就職活動に奮闘する3年生へのエールと、
1、2年生がこれからの将来をじっくり考えるきっかけを差し出す
意図で選んだのが、次の3冊。

 ・『悩む力』 姜尚中
 ・『女性の品格』 坂東 眞理子
 ・『頭がよくなる思考術』 白取 春彦
悩む力_convert_20130110133258 女性の品格_convert_20130110133310 頭がよくなる思考術


また、勉強で疲れた身体と心の息抜きになりそうな1冊として
次の作品をおすすめしています。
「ほんわか」した気持ちと、本との楽しい出会いを運んでくれる作品です。

 ・『和菓子のアン』 坂木 司
和菓子のアン_convert_20130110133321


2013年も、図書室ではたくさんの本が生徒との出会いを待っています。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR