「図書室づくりをしよう。」(第3回)

*第1回・第2回のレポートをご覧になるには以下をクリックしてください。
【第1回レポートを読む】
【第2回レポートを読む】

読書部、図書部、文芸部の生徒たちによる、
「図書室づくりをしよう。」の活動レポートです。


■第3回のレポート

日時:
 2011年10月21日(水)

内容:
 テーマごとに本を並べる本棚づくり(仕上げ編)

レポート:
 今回は、いよいよ活動の場を図書室に移しての
 作業となりました。 
 
 第2回では、持ち寄った本のカテゴライズを行い、
 テーマPOPの制作に着手しました。
 今回は、前回欠席だった生徒の本を新たに加えた上で
 カテゴリーを追加し、
 テーマPOP制作の仕上げを行いました。
 
 図書室では、本棚の一角が空けられて、準備万端です。
 生徒たちは、1テーマで1段のスペースを使い、
 POPを添えた本と、それらの本をグルーピングした
 テーマカテゴリーのPOPを添える配架を行いました。
 
 図書室の棚を前に、
 自分たちが選んだ本に触れながら作業を進めたことで、
 「図書室を訪れたくなる場所にする」という目的を
 生徒それぞれが自然に意識していたようです。
 また、仲間と協力して「見せる」棚を作り上げたことで、
 特別な達成感を得られたようでした。


活動風景:

思い思いのPOPに仕上げていく
POP制作中_convert_20120627091500

同じカテゴリの仲間と相談を交えながら
相談中2_convert_20120627091629

相談中_convert_20120627091520

自信作を手に集合
3_完成したPOPを手にする生徒_convert_20120626101348

いよいよレイアウト作業
レイアウト中2_convert_20120627094700

配架中_convert_20120627091543

ついに自分たちのレイアウトが完成
5_生徒たちによって配架された棚_convert_20120626101429

4_生徒たちによって配架された棚_convert_20120626101410

6_生徒たちによって配架された棚_convert_20120626101451


*黄色がトレードマークの新潮文庫の冊子は、
当日欠席だった生徒の本の代わりに配置しました。

お伽草紙 #selected by 国語科

お伽草紙(Amazonより)_convert_20120619113141

『お伽草紙』 太宰治
selected by 国語科 藤澤賢治先生


「瘤取り」「カチカチ山」「舌切り雀」

――日本人なら誰でも知っている民話を、
第二次世界大戦中の防空壕の中で、
我が子に読んで聞かせたという書き出し。

「ムカシムカシノオ話ヨ」という始まりに、
ついつい私たちも引き込まれていきます。

「カチカチ山」の“たぬき”は本当に悪者なのか。
“隣の瘤取り爺さん”はなぜ瘤を2つもつけられなければならなかったのか。

太宰流の解釈に、思わずうなってしまいます…。

若きウェルテルの悩み #selected by 外国語科

若きウェルテルの悩み(Amazonより)_convert_20120619113013

『若きウェルテルの悩み』 ゲーテ
selected by 外国語科 渡邉 美奈子先生



ロッテに激しい愛情を抱く若きウェルテル。
しかし彼女には婚約者がいた。

恋を諦め、公使秘書となって遠国に赴任するものの、
因習に反抗して罷免され再び町に戻ることに。

「さようなら、愛するウェルテル」

ロッテの言葉に、彼は心の奥で歓喜を燃え上がらせる。

「夫からロッテを奪うことは罪でしょう。
私はその罪で自分を罰します。私は先に逝きます。
弾はこめてあります。ロッテ、さようなら」

――神の前で、永遠に一緒にいたいから。

人生に「もう遅い」はない #selected by 商業科

人生に「もう遅い」はない(7netより)


『人生に「もう遅い」はない』 藤原東演
selected by 商業科 小林由和先生


誰もが自分に問いかける、
「今をどう生きるか」という言葉。

作者は“今が出発地点であり、たゆまぬ努力こそが自己を作りあげる”
と力説する。

スーパースター、マイケル・ジョーダンは言った――

「プロでミスしたシュートが9000本、
 負けたゲームが200回、
 失敗をしたウィニングシュート26回。
 今まで何度も何度もミスをしてきた。
 だから俺は負けない」

この言葉から、感動を受けとってもらいたい。

読書ガイダンス (普通科1年1組)

本校では6月から、
図書室司書・岩崎先生による
「読書ガイダンス」が始まりました。

初日の4日(月)には
普通科1年1組の生徒が集まりました。

図書室の開館時間・利用方法の説明に加えて、
岩崎先生は、生徒たちに本を紹介する
「ブックトーク」を行うことにしています。

1年1組の生徒たちには
『夜のピクニック』(恩田陸)をすすめました。


<岩崎先生の話に聞き入る生徒たち>
IMG_9752_convert_20120608194754.jpg

<ブックトークをする岩崎先生>
IMG_9760_convert_20120608194812.jpg


著者・恩田陸さんが書いたほかの本も、あわせて紹介。
IMG_9786_convert_20120608194842.jpg


<この日紹介された本>
 『夜のピクニック』
 『ブラザー・サン シスター・ムーン』
 『まひるの月を追いかけて』
 『小説以外』


ブックトークとは
ブックトーク(Book talk)は、本を紹介することで
「読んでみたい!」という気持ちにさせる取り組みのことをいいます。
あらすじを伝えるのではなく、
「面白さを伝える」「読むことへと背中を押す」ことをめざすもので、
各地の図書館で、図書館司書・民間の図書ボランティアの人々によって行われています。



岩崎先生が自宅の庭で摘んだ花が、
書棚を飾っています。
IMG_9784_convert_20120608194827.jpg

「図書室づくりをしよう。」(第2回)

*第1回のレポートをご覧になるにはここをクリックしてください。

読書部、図書部、文芸部の生徒たちによる、
「図書室づくりをしよう。」の活動レポートです。


■第2回のレポート

日時:
 2011年7月27日(水)

内容:
 テーマごとに本を並べる本棚づくり(準備編)

レポート:
 生徒が持ち寄った10数冊の本を、
 「テーマ」で分けて本棚に並べるための準備を行いました。
 作業は以下のステップで進められました。

  (1)生徒は自分が選んだ本から3つのキーワードを考え、
     それぞれ黒板に書き出す。
  (2)同じ内容のキーワードが出された本同士をつなぎ、
     ひとつのカテゴリーとする。
  (3)同じカテゴリーに入った本を選んだ生徒がひとつのグループになって、
     カテゴリーのテーマを考える。


 「この3冊に共通点はない。だから、3冊をくくるテーマは、
 3冊のなかから探すんじゃなくて、私たちが考えるんだ」
 ――という点にひとりの生徒が気づき、
 そこからカテゴリーのテーマ設定が一気に進みました。


 キーワード出しの段階で、
 それぞれの本の魅力が伝わる独自性のあるキーワードが多く出されたことで、
 おもしろみのあるカテゴライズが実現しました。

 また、グループに分かれてテーマを考える段階では、
 同じグループの友だちに対して、
 本の内容をできるだけわかりやすく・おもしろそうに、
 伝えようとする様子が見られました。

 そのことが、
 目にした人に魅力が伝わるテーマPOPの完成につながったようです。


カテゴリとテーマの紹介:
 生徒たちが持ち寄った本のグルーピングと、設定されたテーマは
 以下の通りです。
 *表をクリックすると全体をご覧になることができます。
表_カテゴリテーマ一覧




活動風景:
<キーワードが書き出された黒板>
1_キーワードが書き出された黒板_convert


<グループで相談する生徒たち>
2_グループで相談する生徒たち_convert

3_グループで相談する生徒たち2_convert



<カテゴリ分けされた本>
本とテーマ1_convert 本とテーマ2_convert
本とテーマ3_convert 本とテーマ4_convert

花はふしぎ #selected by 理科

花はふしぎ

『花はふしぎ』 岩科 司
selected by 理科 佐々木 繁雄先生



「花はなぜ美しいのか」と訊ねられ、
著者は「その人が恋愛の真っ最中だったときに、
花と出合い、美しいと思ったり、
逆に失恋したばかりのときに花と出合い慰められることもある。
花を美しいと思う理由は、それぞれ人の心の中で、
それぞれに異なるのだ」と答える。

地球上に花が誕生して1億3000万年、
この長い歴史から獲得した特性を科学の側面から考察する。
花がもつ人を魅了して止まない美しさ、
不思議さに迫った内容は、一読の価値がある。

プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR