読書散歩 #68

強烈な印象の残った一冊
Selected by安積秀幸参与先生

ビルケナウの鉄道引込線_convert_20170107111725



冒頭の写真は、ポーランドの南部に位置した
アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所への鉄道引込線です。
ヨーロッパの各地から、
貨物列車に載せれられてきた人々は、この引込線によって収容所へ送られ、
そのほとんどが再び外に出ることはありませんでした。

----------

兵庫県播磨高等学校はポーランドのナザレ校と
姉妹校提携を結んでいます。
そのこともあり、私は相互交流プログラムの一環として
生徒引率でポーランドを訪問する機会をいただきました。

ナザレ校の先生方のご厚意でアウシュヴィッツを訪問し、
強制収容所も日本人ガイドの中谷剛さんに
案内をしていただきました。

「なぜこのようなことが起こったのか、私もわかりません。
若いあなた方には、
なぜこのようなことが起こったのかを考えていただきたい。
答えが見つからないかもしれませんが。
でも、考えてください。」

と、中谷さんが生徒に語りかけられた言葉を
忘れることができません。



アウシュヴィッツ第1収容所入口_convert_20170106201301
アウシュヴィッツ第1収容所の入り口です。


アウシュヴィッツ収容棟_convert_20170106201202
アウシュヴィッツ第1収容所の収容棟。


収容所のベッド_convert_20170106201359
収容所内のベッドです。


アウシュヴィッツのガス室_convert_20170106201100
ガス室。


ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室_convert_20170106201316
これは、ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室です。


展示されているガス缶_convert_20170106201413
ガス室で使われたガス管が展示されていました。


展示されている靴_convert_20170106201427
展示されている靴。収容所内で亡くなっていった人々の数を示しています。


ビルケナウ収容所_convert_20170106201344
アウシュヴィッツ第2収容所とも呼ばれるアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の全景。







51P7DOymJTL_convert_20170106202014.jpg



アウシュヴィッツの図書係
アントニオ・G・イトゥルベ 著 小原京子 訳 (集英社)

強烈な印象の残った本です。

平成28年8月28日の神戸新聞の「本」欄で紹介されていました。
題名にアウシュヴィッツとあったことが
読んでみようと思ったきっかけでもあります。
岩崎東里先生にお願いして
学校の図書館に置いていただきました。

主人公ディタ・クラウスの実話をもとにした小説です。
途中にはナチスのやってきた非道かつ残虐な行為の記述も
たくさん出てきます。
そのたびにアウシュヴィッツで見てきた
様々なシーンが思い出され、
何とも言えない複雑な、やるせない気持ちになりました。

「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクも出てきます。

アウシュヴィッツで学校を開設し、8冊の図書を
監視の目をくぐって活用したディタの前向きな考えと
学校開設者のフレディ・ヒルシュの考えには感動しました。

「ナチスは私たちから何から何まで取り上げたけど、
希望を奪うことはできない。それは私たちのものよ。」

という、ディタの言葉は、何回となくでてきます。
その都度、読んでいる私のほうが勇気をもらっていました。

最後に出てくる「著者あとがき」では、
登場人物のその後のことも書かれています。

アウシュヴィッツを訪問し、見てきたこと、感じたことが
更に現実感を持って迫ってきました。
それと、中谷さんからいただいた言葉が
ずっしりとのしかかってきています。

アウシュヴィッツの売店で本を買ってきました。
あえてポーランド語の本を買いました。
長崎に滞在し、アウシュヴィッツで亡くなったコルベ神父の本です。
学校の図書館には、同じ売店で購入した本も置かれています。

「訳者あとがき」も、小原京子さんの想いの
いっぱい詰まった素晴らしい一文でした。
私たちに、この本を手に取る機会を作っていただいたことに感謝します。

----------

[中谷剛さんのこと]

中谷剛さんは学生時代にポーランド旅行を経験し、
1991年にポーランドに移住したのち、
アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のガイドの職に就かれました。
ガイドの試験を受けた時、
博物館には外国人ガイドがひとりもいませんでした。
現在もアジア人ガイドは中谷さんおひとりだそうです。
通訳・翻訳家としても仕事をなさっています。

----------

アンネ・フランクの父、
オットー・フランクから日本にもたらされた「アンネのバラ」は、
今年も美しい花を校庭に咲かせてくれました。

120515-2_convert_20170106202001.jpg






* 「読書散歩」とは?

参与の読書散歩 #66-後日談

砂金探しの後日談


「こうなったらたとえ1つでも」という思いは
強まるばかり。
砂金を選り分けるためのパンニング用の皿も
購入することになりました。
「とにかく専門家のご指導を」と思っていた矢先、
幸いなことに兵庫県教育研究会科学部会の行事で、
「地学巡検」が開催されると案内がありました。
そのテーマが、「山崎断層」と「砂金探し」でした。
早速申し込みをして参加しました。

当日、道具はすべて貸していただきました。
バール、たわし、台所で使うプラスチックのザルとボール、
パンニング皿、移植ごてなどなど。
「パンニング皿だけではだめなの?なんでバールがいるの。」
と思いながら現地到着。
次回には1人でも行けるように教えていただきました。

指導していただいく先生のまずは実演、
岩の割れ目の中の砂や、
そこに生えている植物の根についている土、コケ等から
ザルとボールでたくさんの砂を集められました。

その砂をパンニング皿に入れ
大胆に砂を川の水で流していかれました。
「えー!そんな大胆に流していいの?」と思っていると、
皿に残った砂鉄をていねいに見ていかれました。
その中にキラッと光る金があるではないですか。
参加している15人ほどから「おー!」と歓声が上がり、
指導者の先生も
「今までここで見つけた砂金の中で一番大きい。」の一言。

みんな勢い込んで作業開始。
なかなか見つかりません。
途中から私もだんだん大胆になって
できるだけ多くの砂を集めて、砂鉄だけに。

先生に「この中にありますかねえ」とたずねますと
「ありますよ」との返事。

「どこに?」「ここに!」「え?どこ?」「ここ!」

よくよく見ると小さな小さな黒ではない色の粒が。
内心「嬉しい~」と「こんな小さいの?」の複雑な気持ち。
小瓶の中の水中に大事に入れて、持ち帰りました。

帰るなり「みつかったん?」の一言。だまってその瓶を差し出す。
「このホコリみたいなんが砂金?
 砂金と思ってみるから、そうかなと思うけど」。

職場では、
「このホコリみたいなものを一生懸命に探すあんたに感心する。」
と言われたり。

大事に大事に持ち歩いていたら、
瓶の栓が外れて水がポケットの中に流れているではありませんか。
「ありゃー」ポケットの布を丹念に見ても見つからず・・・・・。
瓶をルーペで見ていたら、らしき粒が・・・・・。

やれやれ。

参与の読書散歩 #66

砂金探し

Selected by安積秀幸参与先生

プレゼンテーション1_convert_20161019123341



平成28年5月11日の新聞に、日本地質学会が
県の石を認定したことが書かれています。
新潟県は佐渡の金、鳥取県は砂丘の砂等が認定されました。
兵庫県でも、山陰のジオパークを代表する
豊岡市の玄武洞のアルカリ玄武岩が兵庫県の岩石として、
鉱物として明延鉱山の黄銅鉱、化石として丹波竜の化石が認定されました。

以前から岩石には興味があって集めていました。
今もいろいろな石が身の回りに転がっています。
机の上では、友人がアスワンハイダムの近くで拾ってこられた珪化木が
書類が飛ばないように紙の上に鎮座しています。










516Wj-r2-WL_convert_20161019123409.jpg


ひとりで探せる川原や海辺のきれいな石の図鑑
柴山元彦 著 (創元社)

5月13日の神戸新聞正平調にも
日本地質学会が県の石を認定したことが書かれています。

 理学博士の柴山元彦さんによれば、
 わが国は“石の標本箱”と言われるほど石の種類が多いそうだ。
 特に川は宝庫というから馬鹿にできない(略)
 柴山さんは加古川で採れる石も自著で紹介する。
 赤く光るガーネット、水晶、砂金・・・。
 魅力にはまる「石屋」が増えるかもしれない。

と結んでありました。

 「エーッ!、加古川で砂金?」
早速インターネットで柴山さんの著書を調べ、
この『きれいな石の図鑑』を見つけ、本屋さんに走りました。

加古川での砂金、書いてありました。写真も地図も掲載されていました。
好奇心旺盛な親友に声をかけて砂金探しをすることにしました。
まわりからは「あほちゃうん。見つかるわけないやん。」と言われながら、
お互いに休みの取りやすい8月に決行しました。
道具は前に勤めていた学校で借り、事前に地学の専門家にも聞き、
熱中症に備えてのスポーツドリンクも数本、準備万端。

現地につき意気揚々川原に降りようとした「いちびり」の2人に、
通りがかりの自動車から「砂金探しですか?」の声。
「なんでわかるんですか?」「ここ有名やもん」。
さらに意気込んで川原に到着。川の流れに足を入れての作業。
案外涼しいもんです。

約2時間。見つかりませんでした。
小さな小さなガーネットのかけらのみ。
「こうなったら、たとえ1つでも砂金を見つけなやめられんな!
今度は、もう少し涼しいときに。」
と2人で意気込んで帰りました。道具も買うことにしました。
懲りない2人です。

地学の専門家に改めて聞きました。
「川の中を探すなんて・・・・・。探す場所間違ってる。」の一言。

ある酒の席でこの顛末を話しました。呆れておられる方もあり、
「ロマンがあるなあ。場所を教えて。」と言われる方もあり。
秋に再挑戦の計画も着々と進んでおります。

9月23日の新聞に養父市の中瀬金山会が
『ディスカバー!中瀬金山』というガイドブックを
刊行されたことが書かれていました。
電話して送っていただきました。
そのことを親友に話したところ、
兵庫県にはたくさんの鉱山があったことや
検索サイトなどの情報をもらいました。

どこまでのめり込むんでしょうね。この2人。
魅力にはまってしまった「石屋」が、
少なくともここに2人増えています。





* 「副校長の読書散歩」とは?

参与の読書散歩 #65

同じ学校に勤務されていた「湊かなえ」さん

Selected by安積秀幸参与先生

プレゼンテーション1_convert_20160928122803



本に書かれている湊さんのプロフィールを読んで驚きました。
淡路の高等学校で家庭科を教えておられたということです。
ひょっとして、私が勤めていた学校では・・・・・。
そのようでした。残念ながら入れ替わりでした。
ひょっとしたら歓送迎会でお会いしていたかもと思ってしまいました。

淡路島在住で、一時家庭科の非常勤講師をされていた湊かなえさんに、
お会いして、話ができたらと思っています。









bg_kinosakiekaeru_1_convert_20160924153205.png
写真:NPO法人「本と温泉」ホームページより借用


城崎へかえる
湊かなえ 著 (NPO法人 本と温泉)

「NPO法人本と温泉」の出されているこのシリーズの本は、
城崎に行かないと購入できません。
第24回で紹介しました第1弾「城の崎にて」の豆本、
第37回で紹介しました第2弾の万城目学さんの「城崎裁判」に
続くシリーズです。
平成28年7月2日の新聞で知りました。
豊岡の友人にお願いしようと電話をしたところ、
「電話がかかってくると思っていました。
新聞で読みました。早速買ってきましょう。」
とありがた~いお言葉をいただき、送っていただきました。

亡くなった小説家の母と毎年年末に城崎に旅行し、
温泉に入り、カニを食べていた主人公が、
傷心を癒すために「城崎へ帰ってきた」内容です。
後半は、母との会話と、
カニを食べる思い出のシーンの連続です。

だから、装丁も紙の箱にカニの足のようなでこぼこのある印刷、
本もカニの身を出すように指で押し出すようになっています。

IMG_2257_convert_20160924153811.jpg

さらに本はカニの身を意識されているのか、
白一色で小さな字でタイトルと著者の名前が書かれています。

さらにさらに、本の背は綴じてあるままで、
背に塗られた接着剤で箱から出にくくなっています。

IMG_2259_convert_20160924153824.jpg

どこまで凝った装丁なんでしょうか。

自分の作品のドラマを見ながら涙する母に、
父のことを聞き出そうとしますが
ドラマ化された小説と同じ作り話で
適当にはぐらかされてしまいます。
その時の母親の言いぐさが面白いんです。

  実際、お父さんの話、あんた喜んでたやん。
  過去がどうでも、今ここにある現実は変わらんのやから、
  人さまに迷惑かけらん範囲で、好きなように作りかえたらええんやで。
  つまらん過去よりも、ドラマチックな話の延長の方が、
  おもしろい未来をつくっていけるんちゃうかな。
  おっ、鍋がいい具合に出来上がったわ。

第2弾の「城崎裁判」を鳥取のYさんにお送りしました。
この第3弾もお送りしました。
その後Yさんから電話をいただき、
久しぶりに楽しい会話をすることができました。
いつもの通り、話題があっちこっちに飛んでしまう会話ですが。





9784344419063_convert_20160924153218.jpg


往復書簡
湊かなえ 著 (幻冬舎文庫)

「城崎へかえる」を読み、
淡路で教員をされていたというプロフィールもあって、
湊さんの作品を読んでみました。

私の思いと全く違った小説でした。
3つプラス1の往復書簡の形式をとった小説で、
解説は吉永小百合さんです。
今回は解説からではなく直接読み始めました。

一作目の「十年後の卒業文集」は、
ある事故をきっかけに
放送部の同級生の心のすれ違いの話が進んでいきます。
最後に同級生から行方不明と思われている人物が、
海外生活をしている同級生に成りすましていろいろと調べます。
何故このようなことをしなければならないのか、
何故成りすまさねばならないのかという
中途半端な感じを持ちました。

二作目の「二十年後の宿題」も読み進むにつれて、
「何故、竹沢真知子先生は、教え子の大場敦史さんに、
違う小学校を卒業した6人の近況を調べさせたのか。」
という疑いを持ってしまいました。
大場君の付き合っている女性が、
6人の一人であることを知りながら。
いつもなら最初に読む「解説」を二作目の途中で読みました。
吉永さんは映画「北のカナリアたち」に関しての部分を書いておられ、
疑問解消にはなりませんでした。

三作目の「十五年後の補習」も
「何故このような展開?」と思ってしまいました。
国際ボランティア隊として2年間派遣された純一と
結婚を考えている万里子さんとの書簡です。
手紙を交わすたびに万里子さんの
失った記憶がよみがえってきます。

プラス1の「一年後の連絡網」は
この三つの関連があるのかと思ってしまいますが、
そうではないようです。

「城崎へかえる」とは全く違ったものでした。
読み終えて、「何? この小説」と思ってしまったのは
私だけでしょうか。
読み手を翻弄するストーリー展開、
「それが湊文学」と言われてしまえばそうなのですが。






* 「副校長の読書散歩」とは?

参与の読書散歩 #64

「和の色」と出会う

Selected by安積秀幸参与先生

top_convert_20160909171123.jpg




「和の色」のことについては、
第7回の「日本人の忘れもの」でも少し紹介しましたが、
日本には本当に微妙な色の違いが異なった名前で伝わっています。

「城ケ島の雨」の北原白秋の歌詞にも「利休鼠の雨が降る」と出てきます。
以前からどんな色なんだろうと思っていました。

兵庫県立豊岡高等学校で一緒に勤めていました鳥取のYさんに
「染司よしおか」のコースターをいただき、その渋い色に驚きました。

今回は、引き続き朝井まかてさんの作品と、
「和の色」を集めた事典ですが、
「和の色」の素晴らしさに新しい発見をすることができました。









91RnaK4o0jL_convert_20160909125447.jpg

残り者
朝井まかて 著 (双葉社)

縹色(はなだいろ)、憲法黒(けんぽうぐろ)や
繧繝縁(うんげんべり)をはじめ、
白綸子地に筥牡丹唐草紋の縁錦など――聞いてわかりますか?
「豪華絢爛な雰囲気はわかるものの、さてどんな色?どんな模様?」と
聞きたくなるような言葉が随所に出てきます。

この本は岩崎東里先生に『眩』をお返しした時に借りました。
前回と同じ朝井まかてさんの
江戸時代末から明治時代の初めにかけての小説です。
表紙カバーに素晴らしい色模様の
着物姿の登場人物五人が描かれています。

慶応四年四月十日、
江戸城明け渡しを明日に控えた大奥で始まります。
天璋院(篤姫)に仕えた呉服之間の「りつ」、御膳所の「お蛸」、
御三之間の「ちか」と御中臈の「ふき」、
静寛院(和宮)に仕えた呉服之間の「もみじ」の五人が、
それぞれ一橋邸や田安邸に移らずに江戸城中に残った
長い一日の物語です。

天璋院付と静寛院付の者たちの対立感情と絡み合って
おもしろく話が展開していきます。
なぜ、この五人は命令に逆らって江戸城内に残ったのか。
御中臈の「ふき」はそれとなく旗本出身の「りつ」に
その一端を話すのですが、
肝心のところははぐらかしてしまいます。
また、その言い方に面白さを感じます。

みんなが江戸城から撤退する時の慌ただしさ、
五人だけになった城内の静けさ、
官軍が入ってきたときの雑然とした雰囲気が、
朝井まかてさん独特のリズムのある文で見事に描かれています。

大奥のきらびやかな一端と、
幕府が崩壊し江戸城を明け渡す前後の、
喧噪、静けさ等、表現の素晴らしさに、
時間の移り変わりを楽しむことができる作品でした。

ところで、縹色、憲法黒とはどんな色なのか、興味ありませんか?


41ASeRzZeqL_convert_20160909132501.jpg

定本 和の色事典
内田広由紀 著 (視覚デザイン研究所)

気になっていた「利休鼠」、この事典で調べてみました。
緑のかかった灰色です。
雨に煙る風景を見事に表現しています。

もう10年近く前になりますが、
兵庫県立豊岡高等学校に勤務していました時に、
視覚デザイン研究所から
「和の色事典」の紹介パンフレットが送られてきました。
前回紹介しました版画の素晴らしい色の表現のこともあり、
図書室で購入することにしました。
たくさんの色に大きな驚きを感じました。

この事典が気になっており、
あらたに購入して今も本棚に並んでいます。

「日本の色名は500の固有名と
 100のトーンの組み合わせでつくられている」と
書かれています。



ところで、「残り者」で出てきている
縹色、憲法黒とはどんな色なのか、
「定本 和の色事典」を調べてみました。


「縹色(はなだいろ)」
 別名 花田色・縹色(ひょうしょく)・花色 

スライド2_convert_20160909173029

青色の代表的な色名。古くははなだ色、平安時代は縹色、
江戸時代には花色と色名を変えて伝わった。」とあります。
ツユクサの花の青い汁で摺染したことに由来するとあります。
また、落語の「花色木綿」に出てくる色とあります。
「あの花色木綿の色か」と新しい発見をしました。
落語を聞いていた時「花色」は、
桜の花に近い色かなと思っていたものですから。



「憲法色(けんぼういろ)」 
別名 憲法黒・憲法茶・憲法色(けんぽういろ)・憲法染・吉岡染・兼房

プレゼンテーション10_convert_20160909173045

京都の染匠・吉岡憲房によって考案された吉岡染の色。」とあります。
「橙みの黒」の系列と書かれていますが、渋みのある色です。
吉岡家は宮本武蔵と決闘した吉岡一門としても有名です。
武士に好まれた色のようです。



しばらく、『和の色事典』を楽しんでしまいました。





* 「副校長の読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR