「ポーランドコーナー」を展開中です

ポーランドコーナー_201612


いま、図書室に入ってすぐのスペースを
「ポーランドコーナー」として
ディスプレイしています。

大きく貼り出しているのは、
今年の初夏に、研修旅行で同国を訪れた
特進コースの2年生によるレポートです。

ポーランド共和国の首都、ワルシャワには
本校の姉妹校であるナザレ校があり、
同校の生徒の皆さんとの交流は、
研修旅行の大きな目的のひとつとなっています。

レポートの掲示とあわせ、
ポーランドに関連する書籍を集めています。

思い思いの「入り口」から、
ポーランド共和国との関わりを深めていってもらえたら、
と考えています。


学芸発表会で展示を行いました

学芸発表会2016


11月5日、6日の2日間にわたり、
学芸発表会が開催されました。

図書部・読書部は、日々の活動の紹介として
3つの企画展示を行いました。


学芸発表会2016_ビブリオバトル

1つ目は、今年の3月に、
図書部員が本校の教職員を対象に行った
「ビブリオバトル」の報告です。
(当日の様子は、以前こちらのブログでも紹介しています)



学芸発表会2016_ポップギャラリー

2つ目は、図書部・読書部員が作った
POPのお披露目です。
図書館内でのディスプレイや、
「Yomo Yomo Spot」への配架の際に活躍している
選りすぐりのPOPを一覧できるようにしました。



学芸発表会2016_yomoyomospot

3つ目は、普段は各学年のフロアに1台ずつ
設置している「YomoYomoSpot」の展示です。
10月に本校で開催された創立95周年記念の特別講演会に、
スピーカーとして来校してくださった
鎌田實氏の著作を集めています。
「YomoYomoSpot」の配架図書の入れ替えや
ボードのディスプレイの変更は、
図書部・読書部員の協力のもと定期的に行っています。



また、学芸発表会のなかで毎年行われている
「朗読のコンテスト」では、
図書部の部長が去年に引き続き1位に輝きました。

「YomoYomoSpot」活躍中です

YOMOYOMOSPOT_3

昨年度の終わりに、図書館内に新しく設置した
ブックトラックをご紹介しました。
→[2016年2月29日公開記事]

そして春休みの間に、
後藤先生が新たに3台の掲示板付きブックトラックを
作ってくださいました。
新年度から、各学年のフロアに1台ずつ、設置しています。

北村先生が制作していらっしゃる本校の図書新聞
「YOMOYOMO」にちなみ、
後藤先生が「YomoYomoSpot」と命名してくださいました。

「YomoYomoSpot」の本は、
朝の読書の時間はもちろん、
休み時間や放課後に、自由に読むことができます。

配架している本は、
それぞれの学年に合ったテーマでセレクトしています。

1年生は、
高校生活のスタートにおすすめな
『スタートライン』(著・喜多川 泰/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
など、本の楽しさを身近に感じてもらえるような作品を中心に。

2年生は、
本校オリジナルの進路指導テキスト「ハーベストアワー」の
課題図書にもなっている
『手紙屋』(著・喜多川 泰/ディスカヴァー・トゥエンティワン)を、
クラス数分用意しました。
そのほかに、自らの将来を考えていくときに、
参考になる図書(「仕事場がよくわかる!社会科見学」シリーズなど)を
多く揃えています。

そして3年生は、
受験勉強対策や就職関係の本を中心に、
「ほっとひといき」にぴったりな本も。
(冒頭の写真は3年生のYomoYomoSpotです)


現在、2週間に一度のペースで、
4階(2年生のフロア)と5階(3年生のフロア)を行き来して、
2年生と3年生の本を入れ替えたりもしています。
 
大きなボードのフェルト飾りや切り紙は、
図書館内と同様に、
季節や行事に合わせてチェンジしながら楽しんでいます。

「YomoYomoSpot」の運用を始めてから、
「もっとゆっくり読みたい」という生徒が気に入った本を手に、
図書館へ貸出手続きに来てくれるようにもなりました。

「YomoYomoSpot」の棚は、
これからさらにたくさんの本でいっぱいにしていきたいと考えています。


こちらは2年生のYomoYomoSpotです
YOMOYOMOSPOT_2

続きを読む

ビブリオバトルを行いました(2016年3月18日)

ビブリオバトル練習風景_20160411
事前の練習風景


先月、図書部員2年生(新3年生)3名が
ビブリオバトルに挑戦しました。

昨年の学芸発表会において、
図書部員全員でチャレンジして以来となる
2度目のビブリオバトルです。

今回は、教職員が「観客」になりました。

本校では、朝の読書や、「播磨の100冊」の選定、
そして図書室からの積極的な情報発信を通じて、
生徒の皆さんと読書との新たな出会いの「きっかけ」を
ひとつでも多く持ちたいと願っています。

ビブリオバトルも、
そんな「きっかけ」のひとつとして、
いずれは、学校全体で取り組むことができたらと考えています。


※ビブリオバトルとは?
 →こちらの記事[2015年11月14日公開]の末尾の解説をご覧ください。




図書部員が取り上げた本(発表順)

1. 『レインツリーの国』 有川浩 著 (新潮社)
レインツリーの国20160411


2. 『ダレン・シャン 2』 ダレン・シャン 著 (小学館)
ダレンシャン220160411


3. 『君の膵臓をたべたい』 住野よる 著 (双葉社)
君の膵臓をたべたい20160411


当日は、
何度も重ねた練習の成果が存分に発揮されて、
発表者一人ひとりの語りがとても印象に残りました。

熱心にメモを取りながら
発表者のプレゼンに耳を傾けてくださる教職員も多く、
とてもいい雰囲気のなかで、
約40分の時間を、発表者全員が思い切り楽しむことができました。

プレゼン後の投票では、上記の発表順に、
それぞれ11票、17票、17票を集め、
『ダレン・シャン 2』 『君の膵臓をたべたい』が
同率で「チャンプ本」になりました。


学芸発表会でビブリオバトルに挑戦しました

平成27年度 学芸発表会展示_convert_20151113192409

ビブリオバトル説明_convert_20151113192612


11月7日・8日は本校の学芸発表会でした。
図書部と読書部は、
合同で「ビブリオバトル」に挑戦しました。

何度か練習を重ねて、迎えた当日の11月7日。
図書部・読書部の部員のほかに、
養護教諭の吉田先生と私(司書の岩崎)を加えた8人が、
一般観覧の方々も見守るなか、
各自が「面白い」と思う本を紹介しました。



この日紹介された本

『植物図鑑』
有川浩 著 (幻冬舎)

shokubutuzukan_shoei_convert_20151113193115.jpg


『ぐりとぐら』
中川李枝子・山脇百合子 作 (福音館書店)

guritogura_shoei_convert_20151113193130.jpg


『人生はニャンとかなる』
水野敬也・長沼直樹 著 (文響社)

jinseihanyantokanaru_shoei_convert.jpg


『ダレン・シャン① 奇怪なサーカス』
ダレン・シャン 著 (小学館)

DarrenShan1_shoei_convert_20151113193155.jpg


『夜のピクニック』
恩田陸 著 (新潮社)

yorunopikunikkubunko_shoei_convert_20151113193216.jpg


『火花』
又吉直樹 著 (文藝春秋)

hibana_shoei_convert_20151113193231.jpg


『初恋の絵本』
藤谷燈子 著 (ハニーワークス)

hatukoinoehon_shoei_convert_20151113193247.jpg


『村上春樹 自伝的エッセイ 職業としての小説家』
村上春樹 著 (スイッチパブリッシング)

shokugyoutositenoshousetuka_shoei_convert_20151113193405.jpg


このなかで、発表者を含む参加者全員の投票によって
チャンプ本に輝いたのが、『植物図鑑』です。
紹介者は、図書部部長の2年生。

作中に登場する、野草を使った美味しそうな料理の数々
(主人公と恋に落ちる謎多き青年“イツキ”が作ります)
の調理方法に関する説明なども混じえながら、
とてもいきいきとしたプレゼンテーションを見せてくれました。

ほかの部員たちも、また観覧のお客様も、
熱心に聴き入っている様子が印象的でした。


『人生はニャンとかなる』を紹介したのは、吉田先生です。
たくさんの猫の写真が収められたユーモア満載のこの本は、
普段から部員たちの間でも人気が高かったものです。
ビブリオバトルの終了後、図書館に寄贈していただきました。


そして、『村上春樹 職業としての小説家』は
私が取り上げた作品です。

このなかで、村上春樹は自身のことを
「発展途上にある作家」と称しています。

「伸びしろ」は無限に残されている。
そのなかで、いかに自分自身の
「フロンティア」を切り拓いていくことができるか。
新しい未知の大地は、
いつだって、誰にだって切り拓くことができるんだ――
この作品を通して強く感じたそんなメッセージを、
とくに生徒のみんなに伝えたいと思いました。



学芸発表会の2日間に、校内では
百人一首、レシテーション、お菓子づくり
イラスト、パソコン、電卓、お弁当のレシピコンテストなど、
さまざまな「コンテスト」が開催されます。

ビブリオバトルで「チャンプ本」を紹介した図書部の部長は、
朗読コンテストにも参加し、
『君の膵臓を食べたい』(住野よる著/双葉社)の中から、
司書と図書委員が図書室でおまんじゅうを食べるシーンを取り上げて
見事1位に輝きました。


                   
*ビブリオバトルとは:
 レジュメやパワーポイントといった資料を用いずに、
 自分の言葉によって本の魅力を紹介する「知的書評合戦」です。
 2006年、当時京都大学の研究員だった谷口忠大氏によって考案され、
 現在では、小中高等学校をはじめ、書店のイベントや企業の研修会など、
 さまざまな場面で「人を通して本を知る 本を通して人を知る」
 ことのできるゲームとして実践されています。

 【公式ルール】
 ・発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
 ・順番に一人5分間で本を紹介する。
 ・それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
 ・全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を
  参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR