読書散歩 #71

読書散歩 第71回
インターネット版の新聞記事で
紹介されていた本


各新聞社はインターネット版の新聞を
会員登録すれば読めるようになっています。
過去の新聞記事を検索したり、
過去の新聞紙面を見ることができたりします。
なかでも、インターネット版でないと読めない随筆などが
掲載されていることがあり、なかなか楽しいものです。

私も、購読している新聞社に会員登録して
インターネット版の記事などを読んでいます。
その中で、日曜日の読書欄ではなく
「新着ニュース」の中で紹介されていた本を紹介します。
仕事帰りに本屋さんに寄って購入し、
通勤電車の中で読みました。
乗り越してしまいそうになった2冊です。

この2冊は、岩崎先生にも紹介しています。
これから文章を書くことが多くなる生徒の皆さんにお勧めです。


41Gwqk0VJgL_convert_20170311104758.jpg

書く力 私たちはこうして文章を磨いた
池上彰 竹内正明
朝日新書


私もこのように「読書散歩」を書くときには、
どのように書けばいいのかと
迷ってしまうこともしばしばです。

最初は思うことを字数も、長さも考えずに
ただひたすらに思ったことや感じたことを書き連ねます。
何日かおいて読み返しますと、意味が通じなかったり、
繰り返し同じことを書いていたりします。
その時は思い切ってばさばさ切っていきます。
また、数日してから読み返し、表現なども考えます。

この本はジャーナリストの池上彰さんと
読売新聞の「編集手帳」を書いておられる
竹内正明さんの対談ですが、
本文より先に竹内さんが書かれた「対談を終えて」を読み、
さらにこの本を読んでいくのが楽しみになりました。

読み終えて、グサッと突き刺さったことが多かった本です。
予想通りの本でした。
気になったところに付箋を貼りましたが、
読み終えてみると、付箋だらけでした。
付箋を貼ったところをいくつか紹介しますと、

★少なくとも常に「これは誰に向けて書いている文章なのか」を
自覚しながら書く。


このコラムも、最初は生徒の皆さんや同じ職場の皆さんに
読んでほしいと思った本を紹介するつもりで書き始めました。
しかし、書き進むにつれ、読み手を忘れて自分が楽しんでいました。
この一言で初心に帰ることを痛感しました。

★まずは、「読者を惹きつける書き出し」。
次に、「読者に予想させない展開」。
最後に、「書き出しと結びつけたオチ」。


私たちは、今まで文を書くには「起承転結」と教えられてきました。
第1回で紹介しました「その日本語、通じていますか」でも
結論がわかりにくいと紹介しました。
なかなか、たとえが面白く、なるほどと思ってしまいました。

★「好きな言葉」や「好きな表現」というのは、
本当はあまり「使ってはいけない言葉」だと思います。


文を書くときにあまり考えもせずに安易に済ませてしまう
自分自身を発見しました。

紹介記事の締めくくりの文章は、

 文章は技術の結晶としてあるのだろうが、
 感情をコントロールする、自慢話は控える、練習を欠かさない、
 といった文章心得は、
 そのまま精神修養の徳目にも使えそうだ。
 文は人なり。心したい。

是非読んでください。おすすめの1冊です。



51aitll0ZRL_convert_20170311104729.jpg

文庫解説ワンダーランド
斎藤美奈子
岩波新書


まあ、何と歯に衣を着せぬ言い方でしょう。
文庫本を読むときには、
まず解説から読んでから本文を読み始める私にとって
驚きの1冊でした。

「文庫本の巻末についている『解説』は何のためにあるのだろう。」
という一文から始まる「序にかえて」から、
引きずり込まれた本でした。
「解説」についてよくもこれだけ辛口に書けたものだと感心します。

曽野綾子さんが解説を書いている「小公女」の章には、
「この説教くさい解説の主は、訳者の曽野綾子である。(中略)
『小公女』までダシにするんだもんな。
 困ったもんだな。曽野綾子。」
と書かれています。
この本全体にわたって、
この口調(文調?)で、この辛口で書かれています。

「小公女」をはじめとして夏目漱石の「坊ちゃん」、
マルクスの「資本論」、松本清張の「点と線」などが、
「あの名作に、この解説」「異文化よ、こんにちは」
「なんとなく、知識人」「教えて、現代文学」の4章に分けて、
延々と「解説」を比較しながら話が進ん行きます。

「解説」をただ何となく、本に書かれている概要なり、
読む視点を探るために読んでいた私には、
本当に驚きであり、面白い本です。

「おーおー、ここまで言うか。」とか「そーか、なるほど。」と
感じながら読みました。痛快な1冊です。
本文についてあまり詳しくは書きませんでしたが、
是非読んでください。

読書散歩 #70

読書散歩 第70回
Yさんからのおいしい贈り物


鳥取のYさんから大きな封筒が届きました。
わくわくしながら開封すると手紙には

 月刊雑誌「ディスカバージャパン」に
 松江・彩雲堂の「彩紋」という和菓子が紹介されていました。
 お茶を嗜まれる先生に“これだ!”と思いました。
 お茶請け一回分程のささやかな量で申し訳ありません。
 別の箱の「おかし」は賞味期限長そうなので、
 お仕事の合間、合間にゆっくりとお召し上がりください。

とありました。
「彩紋」は包装紙が棟方志功の絵です。

彩雲堂彩紋包み紙(棟方志功筆書き)_convert_20170220103116


もう一つの箱には、表には「謹製 おかし」と、
横には「創業明治三十四年 菓子司『潔』」と書かれていました。

IMG_2629_convert_20170220103015.jpg


「ふ~ん。こんなお菓子があるのか?」と思いながら箱を開けると
本が入っていました。
「そら、賞味期限長いわなあ」と言いながら、
妻と二人で笑い転げました。

岡潔(おかきよし)は、「おかき、よし」です。
菓子司『潔』はおいしいおかきを作っておられるのでしょう。

電話をしてお聞きしますと、
この箱は一生懸命手作りされたそうです。
「賞味期限は100年以上あるわなあ」と
電話も楽しいひと時でした。

大笑いもプレゼントしていただき感謝、感謝です。
「彩紋」もおいしくいただきました。

「謹製 おかし」はじっくりと時間をかけていただきました。



212353_convert_20170220103236_20170220103701308.jpg

岡潔 数学を志す人に
岡潔
平凡社STANDARD BOOKS


この本の帯には「栞執筆:松岡正剛」と書かれています。
挟み込まれている栞から読み始めました。

この本に収録されている随想は、
 生命(1965年64歳)、こころ(1964年63歳)、天と地(1964年63歳)、
 数学を志す人に(1963年62歳)春宵十話(1963年62歳)、
 かぼちゃの生い立ち(1964年63歳)、数学と大脳と赤ん坊(1964年63歳)、
 ロケットと女性美と古都(1964年63歳)、日本的情緒(1963年62歳)、
 物質主義は間違いである(1968年67歳)、宗教について(1963年62歳)、
 六十年後の日本(1965年64歳)、人とは何か(1969年68歳)
が掲載されています。

それぞれの随想の最後に書かれた年とその時の年齢まで書かれています。
書かれた時が近いものですから、同じことが何回も繰り返し出てきます。

「教育するには時期が決まっている。」と何回も出てきます。
ご自身の経験からのことと思いますが、
「ほんとにそうなの?」と頭をひねってしまうことが
しばしばの本でした。
また、読んでいて、岡潔さんの考えには
「なるほど」と思うところがたくさんあるのですが、
論理の飛躍があり、「なんでこんな結論になるの?」と
感じるところもたくさんあります。

「宗教について」という随想も掲載されていますが、
仏教の経典を理解しないとわからないところがあり、
理解できないところもあります。

松岡正剛さんが栞に
「ふりかえってみると、岡潔に教えられたこと、嬉しくなったこと、
虚を突かれたこと、泣きそうになったことはそうとうにある。」
と書かれています。
このように感じられる松岡さんにも感心してしまいました。

このシリーズはYさんも「なかなかおもしろい」と言っておられました。
新しいことを、また、Yさんに教えていただきました。

寺田寅彦、野尻抱影、中谷宇吉郎、牧野富太郎、櫛田孫一、
稲垣足穂、朝永振一郎などが刊行されていくようです。
読んでみたい人が続いています。

図書館司書の読書だより #1

図書館司書の読書だより 第1回
卒業式に寄せて


卒業式の新聞記事をメインに!_convert_20170216112937


図書部3年生からの色紙_convert_20170216110038

図書館司書の岩崎東里です。
これから「図書館司書の読書だより」
というコーナーで
今までどおり図書館からの
情報発信を続けていきたいと思っています。

1月31日、卒業式が行われました。

図書部から9名、読書部からは5名の
3年生たちが卒業していきました。
卒業式のあとに、
図書部・読書部合同で送別会をしました。

図書部の皆とは、ビブリオバトルをはじめ、
ブックトークやPOPの作成など
様々なことに一緒に挑戦してきたので、
思い出がたくさんあります。
難問にぶつかるたびに、何度も議論したり
試行錯誤をくりかえしたりしてきました。

寂しくなりますが、みんなに書いてもらった色紙を励みに
また新しい出会いを楽しみたいと思います。

本校の卒業式は、毎年、新聞に取り上げていただきます。
卒業式が近くなってくると、こうして過去の記事を展示します。
今年は、これらの本と一緒にディスプレイしました。


photo_00_convert_20170216111622.jpg

「高校生の夢」 日本ドリームプロジェクト 編集


33060819_convert_20170216111728.jpg

「サクラ咲く」 辻村深月 著


51p4nFzNDUL_convert_20170216111824.jpg

「にじいろガーデン」 小川糸 著


51ikxa1HQDL_convert_20170216110854.jpg

「リボン」 小川糸 著


81X-Epg7_lL_convert_20170216111014.jpg

「君の膵臓を食べたい」 住野よる 著


61Odmmrv57L_convert_20170216110939.jpg

「エヴリシング・フロウズ」 津村記久子 著


51rqh8zW_UL_convert_20170216111859.jpg

「優しいライオン」 小手鞠るい 著

読書散歩 #69

新橋駅前の古本市で
Selected by安積秀幸参与先生

プレゼンテーション1_convert_20170209191437


久しぶりに恩師である米山徹先生とお会いする機会を得ました。
米山先生からはお会いするたびにいろいろと教えていただきます。
今回もそうでした。
米山先生とは、新橋駅のSL前で
待ち合わせをすることになりました。

会議が少し早く終わって新橋駅に着き、
「さてさて何をして時間を・・・」と思ったのですが、
改札を出ると古本市が開催されていました。早速うろうろ。

そこで見つけた二冊と、
米山先生から教えていただいた一冊を紹介します。





46804_convert_20170209191454.jpg

木米と永翁
宮崎市定 著 (中公文庫)

古本市で、この文庫本は200円でした。

宮崎市定先生は、「謎の七支刀」、「水滸伝」や
「論語の新研究」でも紹介しました。
「木米」は「青木木米」、「永翁」は「永楽二代和全」と言われていました。
この永翁が「村田熊治郎」であったことを
調べられたことが書かれています。

宮崎先生独特の言い回しで、
観点で美術品や芸術品と呼ばれている
一つ一つについて書かれていることは、
読んでいて痛快です。続いて書かれている随筆にも、
その一つ一つに「なるほど」と思ってしまう一言があります。

収録されている「コレクション」では、
物を評価することは、人間生活の上で、
物質面でも精神面でも、非常に大切な意義をもつ。
野菜や缶詰を買うときの選別も評価であるし、
衣服や装飾品の見立ても評価であって、
美術の鑑賞と本質的に異なるところはない。
ところで博物館や展覧会で陳列品に対面するとき、
多くの場合はガラス越しでしか観察できず、
手に触れることはおろか、
虫眼鏡で見る距離まで近付くことすら許されない。
これでは十分な鑑賞ができにくい。
特にそれが陶器や玉器である場合、
いちど手に取って撫でまわしてみないと
感触が伝わってこないものなのだ。
と言っておられます。全く同感です。

第62回で紹介しました小林泰三さんの
「誤解だらけの日本美術」と
同じような気持ちで読ませていただきました。

そのあとも、気になる言葉のところに付箋を貼ったのですが、
付箋だらけになってしまいました。

解説には、
先に出版された「中国に学ぶ」は難解なところがあるが、
「随想 木米と永翁」は全編を通じて
読みやすいエッセイ集になっていると書かれています。
そのことを感じながら楽しく読むことができました。




11663274_convert_20170209191248.jpg

古窯百話 幻の壺
本田静雄 著 (淡交社)


古本市で、この本は300円でした。

古本というのは時々
本当におもしろい付録が付いてくるものです。
第52回で紹介した「ものいわぬ壺の話」にはさまれていた
謹呈の付箋にインク消で消されていた言葉も、
すばらしい付録です。

この本には著者の本田静雄さんの訃報の
新聞記事の切り抜きがはさんでありました。
この切り抜きが買うきっかけの一つでした。
「11.5.7」と手書きで書き込まれています。
その記事には、
 財界活動のほか、陶芸、能などの文化に造けいが深く、
 陶芸家の故・加藤唐九郎さん(85年死去)が作った
 贋作(がんさく)「永仁の壺(つぼ)」が59年に
国の重要文化財に指定された後、
親交のある唐九郎さんに真実を語るよう働きかけ、
その後も壺を保管していた。
と書かれています。

著者が「黒い壺」と名付けた壺と
「永仁の壺」の経緯といくつかの随想があります。

「永仁の壺」では、
「もともとこの事件は関係者が多数で、
 私自身も関係者の一人ではあるが、
 私にはとてもその真相を完全に捉えることは
 今でもできないでいる。
 しかし、この問題に関する記録をいろいろな角度から見て
 後に残しておくことは、
 将来この事件が一つの社会現象として究明されるような場合に
 必要なことであると思う。」
という言葉から、事件の初めから終わった後までの
かかわりを書かれています。

その中で最も興味深かったのは、
加藤唐九郎さんに真実を話してもらうことがいいのかどうかを、
第52回で紹介した付箋の狩野近雄さんを訪問され、
相談されたところです。

事件が落着した後、
この永仁の壺を買い取って保管されていた話や、
そのレプリカがよく売れた話も大変面白い話です。

文化という大きな流れの中で、
一つ一つの文化財の在り方についての
本田さんの考え方は素晴らしいと感じています。




177284_convert_20170209191331.jpg

文字答問
白川静 著 (平凡社ライブラリー)


この本は米山徹先生に紹介していただきました。
久しぶりの一献を傾けながらの楽しい時間に、
「漢字『菊』の読みの『きく』は音読みなんだけれど、
 訓読みを知っているか?」
と聞かれました。
「『菊』は訓読みではないんですか?」という会話から始まって、
「新橋に来る途中の本屋さんで見つけた。」といって
この本を見せていただきました。

米山先生から教えていただくときは、いつもメモ用紙を忘れて、
割りばしの袋にメモをしてしまいます。今回もそうでした。
しかし、帰ってからいくら探してもメモした袋が見つからず、
電話で改めてお聞きしました。

この本は『桂東雑記』の巻末に、講演の際の質疑、
手紙などによって寄せられた質問に
答える形で書き下ろされた「文字答問」を
まとめたものと書かれています。

いつもの通り最初に「あとがき」を読んでいますと、
白川静さんは
音で読むと名前が一時違いである
フィギュアスケートの荒川静香さんのファンでした。
亡くなった年に散歩途中で九十六歳の白川静さんが、
荒川静香さんのトレードマークであるイナバウアーを
やってみせたという話が残っている、
という白川さんの面白いエピソードが書かれていました。

目次をみていきますとなかなか興味深い、
面白い話が並んでいます。
「かかし」はなぜ「案山子」と書くのか、
「隣と鄰」で引き合いに出される頼山陽の話、
「犬の耳」で書かれている漢字の成り立ちと
日本の漢字行政の在り方……など
考えさせることが多い本です。

漢字の成り立ちの説明では『説文解字』がよく出てきます。
友人が「永久貸与」と言ってくれている
『説文解字』を見ながら読まないと
面白さが半減する。」と思いながら、
電車の中ではできずにいました。
再度『説文解字』を横に置いて、
読み返したいと思っています。

説文解字(鄰)_convert_20170209223835







* 「読書散歩」とは?

読書散歩 #68

強烈な印象の残った一冊
Selected by安積秀幸参与先生

ビルケナウの鉄道引込線_convert_20170107111725



冒頭の写真は、ポーランドの南部に位置した
アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所への鉄道引込線です。
ヨーロッパの各地から、
貨物列車に載せれられてきた人々は、この引込線によって収容所へ送られ、
そのほとんどが再び外に出ることはありませんでした。

----------

兵庫県播磨高等学校はポーランドのナザレ校と
姉妹校提携を結んでいます。
そのこともあり、私は相互交流プログラムの一環として
生徒引率でポーランドを訪問する機会をいただきました。

ナザレ校の先生方のご厚意でアウシュヴィッツを訪問し、
強制収容所も日本人ガイドの中谷剛さんに
案内をしていただきました。

「なぜこのようなことが起こったのか、私もわかりません。
若いあなた方には、
なぜこのようなことが起こったのかを考えていただきたい。
答えが見つからないかもしれませんが。
でも、考えてください。」

と、中谷さんが生徒に語りかけられた言葉を
忘れることができません。



アウシュヴィッツ第1収容所入口_convert_20170106201301
アウシュヴィッツ第1収容所の入り口です。


アウシュヴィッツ収容棟_convert_20170106201202
アウシュヴィッツ第1収容所の収容棟。


収容所のベッド_convert_20170106201359
収容所内のベッドです。


アウシュヴィッツのガス室_convert_20170106201100
ガス室。


ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室_convert_20170106201316
これは、ドイツ軍が撤退の際に破壊したガス室です。


展示されているガス缶_convert_20170106201413
ガス室で使われたガス管が展示されていました。


展示されている靴_convert_20170106201427
展示されている靴。収容所内で亡くなっていった人々の数を示しています。


ビルケナウ収容所_convert_20170106201344
アウシュヴィッツ第2収容所とも呼ばれるアウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の全景。







51P7DOymJTL_convert_20170106202014.jpg



アウシュヴィッツの図書係
アントニオ・G・イトゥルベ 著 小原京子 訳 (集英社)

強烈な印象の残った本です。

平成28年8月28日の神戸新聞の「本」欄で紹介されていました。
題名にアウシュヴィッツとあったことが
読んでみようと思ったきっかけでもあります。
岩崎東里先生にお願いして
学校の図書館に置いていただきました。

主人公ディタ・クラウスの実話をもとにした小説です。
途中にはナチスのやってきた非道かつ残虐な行為の記述も
たくさん出てきます。
そのたびにアウシュヴィッツで見てきた
様々なシーンが思い出され、
何とも言えない複雑な、やるせない気持ちになりました。

「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクも出てきます。

アウシュヴィッツで学校を開設し、8冊の図書を
監視の目をくぐって活用したディタの前向きな考えと
学校開設者のフレディ・ヒルシュの考えには感動しました。

「ナチスは私たちから何から何まで取り上げたけど、
希望を奪うことはできない。それは私たちのものよ。」

という、ディタの言葉は、何回となくでてきます。
その都度、読んでいる私のほうが勇気をもらっていました。

最後に出てくる「著者あとがき」では、
登場人物のその後のことも書かれています。

アウシュヴィッツを訪問し、見てきたこと、感じたことが
更に現実感を持って迫ってきました。
それと、中谷さんからいただいた言葉が
ずっしりとのしかかってきています。

アウシュヴィッツの売店で本を買ってきました。
あえてポーランド語の本を買いました。
長崎に滞在し、アウシュヴィッツで亡くなったコルベ神父の本です。
学校の図書館には、同じ売店で購入した本も置かれています。

「訳者あとがき」も、小原京子さんの想いの
いっぱい詰まった素晴らしい一文でした。
私たちに、この本を手に取る機会を作っていただいたことに感謝します。

----------

[中谷剛さんのこと]

中谷剛さんは学生時代にポーランド旅行を経験し、
1991年にポーランドに移住したのち、
アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のガイドの職に就かれました。
ガイドの試験を受けた時、
博物館には外国人ガイドがひとりもいませんでした。
現在もアジア人ガイドは中谷さんおひとりだそうです。
通訳・翻訳家としても仕事をなさっています。

----------

アンネ・フランクの父、
オットー・フランクから日本にもたらされた「アンネのバラ」は、
今年も美しい花を校庭に咲かせてくれました。

120515-2_convert_20170106202001.jpg






* 「読書散歩」とは?
プロフィール

兵庫県播磨高等学校

Author:兵庫県播磨高等学校
2021年に創立百周年を迎える兵庫県播磨高等学校です。
「読書の学校づくり」を推進中です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR